下回転のボールを打つ

NO IMAGE

卓球の下回転のボールの打ち方の投稿になります。

打ち方としては大まかに分けて2種類です。

1 ドライブ

ドライブとはボールに上回転をかけて打つ方法です。

下回転のボールが落ちる回転量よりも強い上回転を加えてあげることによってボールを相手コートに打つ形になります。

はじめはボールの下の方から大きく、ぐるっと回すイメージで回転をかけてあげると上手くいきます。

イメージが湧きにくい方は、大きなバケツに水がいっぱい入っている状態のものを前にぶっかける形で振ってあげるといいですね!

足、膝、腰、肩の順番に体が動けば完璧です!

上回転に対しては、下の方から大きく打ってしまうとミスになるので注意が必要です。

2 ツッツキ打ち(角度打ち)

ツッツキ打ちとはなんですか?

昔の技術なので、今はあまりこのように打つ人は少ないですね!

下回転のボールに対してなので、先ほどと同様にボールの下から打つのは変わりありません。

ただ、スイングは小さく鍋の蓋をひっくり返すように打つ形になります。

本当にひっくり返してしまうと真下に打ってしまうので注意が必要です。

こちらは撫でるというより、弾く形になります。

インパクト(ボールの当たる瞬間)にグリップを握って力を込めて!ペシッ!!と弾きます。

注意する点は、ボールの下に利き手の方の膝がないと入りにくい事です。

足、肘、手の順番で小さく打ちましょう。

腰も入れれると威力は上がります。

はじめは手の感覚を養う方が安定しますので、威力は後からですね!

 

結論はどちらでも良い

自分に合った打ち方で正解です。

ただ、ドライブを打つには筋力が要ります。

自分の運動能力等を考えて、下回転のボールの返球方法を考えてみてください。