卓球が上手になるための準備の話し

NO IMAGE

こんばんは。

今日は卓球の準備の話しになります。

用具の話しではありません。

卓球というスポーツは野球ともゴルフとも違って何回も連打する必要がある競技です。

回転をかけたり、コースを狙ったりする必要もありますが、何度も打つことも大事です。

自分の打ったボールが相手の台に着く前に次のボールを打てる準備をする。

今日の課題はこちらです。

打てる準備をする時の注意点が一つあります。

それは、早く準備しすぎてフォアハンドで待ってしまったり、バックハンドで待ってしまわない事になります。早く打つ構えを取ってしまうと逆コースを付かれやすくなり、遅いボールでもノータッチされてしまいます。

足の向きと体の向きをどこにボールが来てもいいように準備をしなければなりません。

上級者の方なら、相手にバレないようにコッソリと狙いを絞って準備をしています。

振り抜いたらニュートラルに戻る。

ニュートラルと言うとわかりにくい方は、真ん中に戻ると思って下さい。

振ったら戻る。

戻るのを意識するのでは無く、戻るまでが1スイングとして捉えた方が簡単に戻れます。

フォアハンドは右利きの場合、左耳くらいまでラケットのヘッドが来るように振るのですが、耳を過ぎたあたりで力を抜くと自然とニュートラルに戻ります。

打った後に力が入ってしまうと上手に振り抜けなくて、ボールも遅くなってしまったり、準備が間に合わなくなって、返って来たボールををノータッチで抜かれてしまう原因になりますので注意しましょう。

相手を見る余裕が出来ると楽しくなる。

準備が早く出来るようになると、相手を見る余裕が生まれてきます。

相手が構えた逆のコースを狙って打つことが出来るようになり、得点を稼ぐ事が出来るようになります。

ノータッチエースが取れると精神的にも優位に立てるし、自分に余裕が出来ると肩の力が抜けていつも通りの自分のプレーができますよね?

試合で強い人は準備が早い

早くフォアハンド待ちをする準備では無く、どこに来ても優位に立って返球が出来るぞ!という準備ですね!

打ったらすぐ戻っていて、頑張って返したボールを簡単に逆コースに決められてしまう

このような相手には簡単には勝てません。

こちらも準備を早くして、相手と同じ時間に立てないと永遠と攻められてしまいます。

無理をしてこない相手だと11-6くらいで負けてしまいます。

このような選手に勝つ為にも、準備する事をいち早く覚えることが大事ですね!

普段の基本練習からこの意識を取り入れるだけでスイングに大分差が付いてきます。

練習頑張りましょう!