卓球 フォアハンドブロックを覚えよう!!

NO IMAGE

重要度があまり高くないように思われがちで、練習をほとんどしてないであろうフォアハンドでのブロックの練習をしましょう!

基本はバックハンドブロックと同じ

ドライブを打たれる反面での練習方法が良いです。

バックハンドと同じように、まずは当てる、次に抑える、出来れば少し擦る

この順番で感覚を掴んでいくと覚えやすいです。

バックハンドと違う点は、お腹の前でボールの処理が出来ないこと

少し横を向けば、お腹の前といえば前なのですが、バックハンドみたいに体の正面で取れないのでこの表現をさせてください。

手の角度で抑えるのでは無く、体重移動で抑える

手の角度も大事ですが、回転量がわからないと角度だけでは抑えれません。

基本のフォアハンドの角度で、右利きの場合、右腰から右膝くらいに体重を軽く移動させます。

腕を振るのでは無く体の回転でボールを抑えます。

相手が勢いのあるボールを打ってきた場合、当てればボールは返ります。

オーバーミス、ふわっとゆるいボールにならないように体重でキチンとボールを抑えると、ブロックがチャンスボールにならずに返球できます。

フォアクロスでの反面の練習はなるべくフォアブロックで

大多数の人がフォアクロスのドライブ練習の時に回り込みバックハンドブロックで練習してます。

回り込みも大事ですが、両ハンドが振れないと勝てない時代です。

バックハンドドライブも積極的に覚える時代なので、フォアハンドブロックも合わせて練習出来るようにした方がいいですね。

練習頑張りましょう。