卓球 フットワーク練習 

NO IMAGE

大きく動く練習をしてスムーズに動けるようにしよう!

前回も回り込みの練習を取り上げましたが、今回も回り込みの練習です。

フォアハンドは大事です。

試合でいざという時に動いて得点を重ねれるようにしたいですね。

練習メニュー①

フォア、ミドル、バックの3点フットワーク

卓球台にラインがあるので、その3点のフットワーク練習です。

飛びつきになると大変なので、バック側を回り込みで打ったら、次はミドルを入れてラリーが長く続くようにしましょう。

全てフォアハンドで打球します。

どうしても動けなくてラリーが止まってしまう時にバックハンドを使うのは問題ありません。

まずは、この3点フットワークで回り込みまで動ける足を作りましょう。

練習メニュー②

フォア、フォア、バック、回り込みと2本2本のフットワーク練習

次はバックハンドの切り返しの練習も入ります。

回り込みからフォアハンドまでが遠いので、ゆっくりラリーが続くようにしましょう。

回り込みのボールを強く打ってしまうとボールが早く返ってきてしまうので、動く方も遅いボールを送り、自分の反応出来る範囲のスピードで練習しましょう。

体に足の動かし方を覚えさせたいので、スピードにこだわるより、安定したボールでラリーを長く続けれるようにします。

練習メニュー③

この練習は多球練習のメニューにしてください。

フォア前のツッツキから回り込みドライブの練習です。

卓球初心者だと、どうしてもフォア前のレシーブが弱くなってしまいます。

バックハンドのレシーブより角度を出すのが難しいのと、コーチがはじめにバックハンドのレシーブを教えるからですね。

フォア前に下回転のボールをツッツキで返して回り込み4球目攻撃の練習ですね。

フォア前のボールを打つときは、右利きの人は右足が前にきてるはずです。

遠いボールを打つときは、遠い足から動かします。

回り込みをする時に、左足から動かないように注意が必要です。

右、左、右の順番でまずはゆっくり回り込みを練習しましょう。

バックハンドを使えるからって動かないわけではない。

足をいつも動かして練習することが大事です。

バックハンドの練習で、あまり動く必要がなくても、動いて打つ癖を付けましょう。

動きすぎは良くないですが、動けないよりは上達が早いです。

フットワーク練習を取り入れて、自分の得意分野で戦える場所に動き、点数を取れるようにしたいですね!