卓球 上手になるために好きな選手を見つけよう!

NO IMAGE

こんばんは。

今日も卓球の話です。

模倣から入って上手になる。

上手になるコツのひとつですね。

卓球以外でも、取り入れられていると思います。

最近はYouTube等の動画サイトで卓球と調べると編集済みのベストプレー集や、最近の試合動画が沢山観れるので便利ですね!

卓球王国とか読むのもありです^_^

まず形から真似をする

自分の好きな選手がどのようにスイングしているのか、どんなサーブ・レシーブをしているのかを良くみて練習してみて下さい。

真似が上手に出来ているか、スマホ等で動画撮影する事をお勧めします。

動画に出ている選手なら、間違いなく上級者の選手です。

それに近づけるように確認をしながらキチンと練習しましょう。

次に自分流にアレンジする

真似をしても筋力の違いや、用具の違いで全く同じボールを打つことはできません。

なので、ある程度出来るようになってきたら自分流の振りやすい形にアレンジする必要があります。

イメージする力をつける!

動画とかを観て、あの選手はこうやって打っていた!と思えるようになるだけで、何も考えずに卓球をしている人との差が開くようになってきます。

どうやって打ったらどんなボールが送れるのかを考えたり、自分のボールが卓球台のどこに入れるのかをイメージしながら卓球をして技術力をUPさせていきましょう!

知識は武器になる!

卓球をはじめて半年くらいの選手の場合、卓球に詳しく、色々な打法を知っていたり、色々なサービスの仕方、戦術が分かっている事で試合に勝てたりライバルに差をつける事が出来ます。

沢山動画を見る必要はありませんが、自分がどんなプレーをして、どうやって卓球を楽しんでいるのかをイメージしながら練習とかに励みたいところですね!

最近の卓球業界はバックバンドがめちゃくちゃ早いです。

僕もバックバンドの上手な選手を見つけて、自分のスキルとして吸収しないと勝てないなと思ってしまいます。

頑張りましょう!