卓球 サーブエースを取るための3つの練習方法

NO IMAGE

こんばんは^_^

サービス、サーブどちらの呼び方が正しいのでしょうか?

今日はサーブエースを出す為の練習方法紹介します。

1.速くて深めを狙えるサービスを覚える

このサーブの利点と得点方法なのですが、相手のバックハンドを狙ってサーブをします。

短いサーブが来る!と思って待っていると深めに速いサーブに対応出来ず、レシーブミスを狙いやすいです。

ナックル系のロングサーブか、下回転のロングサーブの方が落としてくれる可能性は高いです。

3球目を簡単に打ちたい場合は、上回転の速いサーブを出した方が簡単に打つ事が出来ます。

注意点が1つあります。

サーブが速いと返球も速くなります。

サーブを出したら直ぐに戻るようにして3球目をキチンと打てる準備をする事が必要になります。

2.フォア前に短いサーブを低く出せるようにする

このサーブは相手をミスさせるのが目的ではありません。

短いサーブがあるぞ!と意識を植え付けるサーブになります。

短いサーブが無いと、ロングサーブを狙われてしまいます。

台の中で3バウンドくらいするサーブが理想です。

下回転をかけれたり、横回転をかけれたりすると更に良いです。

相手を惑わす事が出来るようになり、得点力も更にアップします。

しかし、このサーブでの得点は3球目でキチンと取れるようにしておくべきです。

短く低いサーブをキッチリと出して、3球目攻撃に繋げるようにしましょう!

3.ここでロングサーブを出すの!?

長いサーブ、短いサーブを練習して出せるようになったら相手の意表をつく練習をします。

0-0の時に速いロングサーブを出される事はあまり無いと思います。

ロングサーブを出されるタイミングというのは、相手が劣勢な時で3球目攻撃に自信が無い時やレシーブミスを誘う時によく出されます。

従って、0-0の状態でロングサーブを展開して点数を稼ぐ必要も無いので、無難に自分の自信のあるサーブから入りますよね!

この相手の意表をつくようにサーブを出せると自然とサーブエースが取れるようになってくるというものです。

点数を数えながら、自分なら何処でどのサーブを出すか考えて練習試合とか出来ると良いですね^_^

サーブの練習をして、YGサーブが出来れば点数が取れる!

という事ではありません。

まずは、狙ったところに狙ったサーブをキチンと出せるようにして試合で点取れるようにして下さい。

的を置いて、当てれるように練習すると楽しく出来ると思います。