卓球 用具を変えて1段階ステップアップしよう!

卓球 用具を変えて1段階ステップアップしよう!

卓球をするにあたって、ラバーやラケットはとても重要です。

自分に合った用具を探すのはとても大変なので、自分に合わせた用具を使えるようにしていきましょう!

木材ラケット、カーボンラケットの違い

木材のラケットは柔らかめでボールが当たった感覚がよく分かります。

3枚、5枚、7枚合板が主な種類になります。

厚くなればなるほど重みが増してきます。

扱うのにある程度の筋力やスイングスピードも入りますので、2つ目のラケットは5枚合板あたりを選択します。

カーボンラケットは木材の間にカーボンが2枚入っています。

木が3枚でカーボンが2枚のラケットが低価格で良く販売されています。

少し良くなると木が5枚でカーボン2枚のラケットになります。

カーボンが3枚入っているラケットは見た事がありません。

カーボンラケットはとにかく硬く良く弾みます。

カーボンの種類もあるので一概には言えないのですが、カーボンが入っているだけでラケットは硬く感じますね。

しかし、ラケットが軽く振りやすい物が多いので筋力がない人や、スイングスピードに自信が無い人にオススメです!

コンパクトにパシッと打つと良く弾むのでスピードが出ます。

用具の選び方

まずはラバーから考えます。

はじめはグランディあたりを使っていると思います。

半年程経過すると上手に使っていてもラバーが悪くなってしまい、回転もかかりにくくスピードも出なくなってしまいます。

その為、半年くらい経過するとラバーの交換をオススメされると思います。

ちょっと弾むようにしたい!そこまで高い物は無理!

このような方には、TSPのエクシズF1.ヤサカのマークVをオススメしたいです。

価格帯は割引して3.000円程度になり2枚で6.000円くらいになると思います。

2枚目のラバーとしては、このレベルがオススメになります。

回転がもっとかけたい!という方には、TSPのトリプル21というラバーをオススメします。

粘着系ラバーで回転量を上げる事が出来ます。

あまり弾むラバーでは無いためスピードを求めるならまた別のラバーを選択しましょう。

もっと速いボールが打ちたい!

このような方にはテンション系ラバーのヴェガヨーロッパとヴェガアジアをオススメしています。

ラバー自体で良く弾むので、ラケットを変えなくてもある程度はスピードが出るようになります。

柔らかめなラバーなので安定感もありますが、使用者のレベルによってボールがオーバーミスの連発になってしまうので注意しましょう。

ラケットも変えたい!

ラバーを変えるなら、ラケットも一緒に変えてしまいたくなりますよね!

いきなり1万5千円以上するラケットはやめておいた方が良いと思います。

土台が硬くなってしまったり、かなり弾むようになるとコントロールが出来なくなってしまいます。

TSPのアウォードオフェンシブや、バタフライのsk7クラシック、コルベルあたりのラケットが良いと思います。

無難なラケットですね!

スティガのオールラウンドエボリューションとかも良いのですが、あまりお店に販売が無いので近くのお店で販売されていたら考えてみてください^_^

用具を変えると強くなれるの?

その通りです!

ボールにスピードが出て、回転力が上がれば強くなれます!

自分を鍛える事をしなくても強くなる事が可能です。

注意点が1つあります。

扱えなければ強くなれないという事です。

自分に扱えないレベルの用具を使っても、安定感無くなり、試合での失点が多くなり負ける事が多くなります。

自分が扱える範囲の道具をキチンと選択しないと1段階強くなることはできないということです。

今初心者用ラケットを使っている方は、ラケットを7000円から9000円くらいのものを選択し、ラバーは3000円程度のものを選択するようにしましょう。

高弾性ラバーをキチンと打てるようになったら、テンション系ラバーを試していく方がスムーズに上達できると思います。

2段階、3段階と無理してステップアップしないようにして下さい。

用具が扱えないと卓球が楽しく無くなってしまいます!

いきなり高いラケットやラバーをオススメしてくる定員さんがいるお店は注意しましょう!