卓球 格上の選手に勝つための2つの手段

卓球 格上の選手に勝つための2つの手段

卓球の試合で格上の選手

シード選手や、自分が勝った事の無い選手に勝つ為の手段の投稿になります。

1.情報分析をする!

当たり前ですが何で負けているのか?ここがわからないと対策も取れないし戦えません。

サーブが取れなくて負ける、相手に打たれて負ける、打ったボールをカウンターされて負ける。

色々な条件や色々な手段で負けるのですが、格上の選手によくありがちなのは、自分の得意な事を返される事に慣れていない場合があったりします。

サーブが上手な選手はサーブを丁寧にレシーブされる事を苦手とします。

スピードボールが得意な選手は、そのスピードを利用してブロックするだけで勝てる場合があります。

何で負けているのか、相手は何が強いのかをよく調べる事によって勝つ方法がわかるようになり、勝つチャンスを得る事が出来ます!

何も調べずに試合の場に立つのと全然違うのでよく調べて試合が出来るようにしましょう!

2.とにかく打って決める。

これは博打ですね!

勢いって大事です。

反復練習をキチンとしており、基礎基本が体に染み付いているような選手なら足がキチンと打つ場所まで動いていたら意外と入るものです。

振り抜く事が大事です。

中途半端に打つとカウンターをされてしまうので、なるべく振り抜いてカウンターを阻止出来るようにしましょう!

打ったボールがノータッチで何本か入れば、相手の優位に立っている心境も変わります。

大学生くらいになると落ち着いていて、慌てたりプレーに差が出ません。

高校生くらいまでの選手なら、ちょっとのことでも動揺したりして精神面を崩す事が出来ます。

大事に入れにいく作戦は、同レベルの選手に有効です。

格上に勝つには博打も必要です。

ここまで上がって来れたんだから、あとはどうにでもなれー!という気持ちで精神面をカバーして打ち抜きにいきましょう!

どうせ勝てるやろ?とか油断してる選手には効果のある作戦です!

とりあえず、諦めない気持ちで打ち続けましょう!

卓球でバックサーブをメインに試合をしている選手が少ないイメージはありませんか?

カットマンや、女子の方がバックサーブを多彩に使っているイメージがあります。

男子ならバックサーブで変化をつけると相手が回転がわからずにレシーブミスを誘えるチャンスです!

女子なら下回転の高めのレシーブをキチンとスマッシュで打てるように練習すれば3球目攻撃で試合に勝てるようになります!

ここからバックサーブの出し方のコツです。

1.横下回転のバックサーブ

バックサーブの順回転サーブになります。

まず、下回転のサーブを出すときに意識する所は手首になります。

肘や肩を使って振る必要も有りますが、キチンと手首を使い、ボールの下を擦る必要があります。

ここで手首のスナップを入れないと当たっているだけになってしまい回転がかかりません!

ボールの下に入りに行くように手首のスナップを効かせて回転をかけにいきましょう!

ボールの打球位置はおへその正面になります。

コースを変えるときは体の向きを少し変えて打ち分けをしましょう。

2.横上回転のサーブ

バックサーブの順回転のサーブです。

上回転を出すときは、手首をあまり使わずに肘を使います。

肘から前腕をグッと引き上げる時に打球します。

この場合も打球位置はおへその正面です!

ここで手首を使ってしまうと、インパクトがズレてしまいます。

手首を使うのは少し慣れてからの方が良いですね^_^

ボールの後側を擦り上げるようにスイングしましょう!

短い横上回転のサーブがゆっくりと出せると、相手は下回転と思い込みツッツキしてくる場合があります。

これをすかさず3球目で決め切ってしまいましょう。

中学1年生の地区大会のレベルなら、このサーブを覚えれば勝てる可能性がかなり上がります!

練習しましょう!

バックサーブは如何でしたか?

順回転というのは、バックサーブを普通にすると若干の横が入ります。

右利きの選手ならボールは左に曲がっていくはずです。

基本的にバックサーブはこの2つです。

横下と横上回転のサーブを覚えおきましょう!

基本的に体の正面で出すサーブなので、ミスも少なくなります。

回転をかける時に使う場所さえ分かれば、簡単にバックサーブが覚えれます。

YGサーブを覚えるよりも簡単に早く覚えれるので、自分の引き出しを増やすために少し練習してみて下さい^_^