卓球 点数が取れるコンビネーションを作ろう!

卓球 点数が取れるコンビネーションを作ろう!

点数が取りやすいパターンを作れていますか?

3球目攻撃だったり、チキータレシーブからの4球目攻撃だったりあると思います。

点数が取りやすいパターンがないと、試合で1点が欲しい時に頼るものが無くずるずると負けてしまう場合があります。

下回転サーブを出して3球目攻撃でも良いです。

相手のサーブを速いレシーブをして相手を下げてから優位に立つ作戦もあります!

僕は横回転系のサーブを下に見せるような形でサーブを出してツッツキしてもらったものを3球目攻撃で優位に立つのが最も得意なパターンです。

コースのコントロールを含めても良いですね!

下回転サーブをツッツキさせて、バッククロスの深めの所にバックドライブをしてからストレートにバックスマッシュとかでも点数は取りやすいと思います。

コートの何処にボールを落とすかというのが重要ですね!

得手不得手があるので、自分で考える必要があります。

何が得意かをコーチや監督と相談してパターンを作ってみるのは大事だと思います!

最近の流行りはバックハンドドライブの2連打

伸びるようなバックハンドを打ち、優位に立ったらスピードのあるバックハンドで撃ち抜く形が近代卓球で取り入れられて来ています。

自分の世代は回り込みでループドライブをキチンとかけてからブロックが浮いたものをスマッシュで決めるように言われていました。

しかし、現代卓球ではループドライブをかけた時点でカウンターをくらってしまいます。

余程回転力に自信があったり、粘着ラバーを使って回転量を上げていない限りは打ち抜かれてしまいます。

バックハンドに来たボールはバックハンドで処理できるように練習しましょう!その方が試合で良い結果を残しやすくなります!

多球練習でバックハンドの2連打

下回転のボールと上回転ボールを交互に球出しをして、ドライブとスマッシュの練習をします。

交互にコースを変えるようにしましょう!

クロス、ストレートが一般的です。

慣れてきたらストレート、クロスに打ち分ける練習も必要です。

初級者レベルの場合、バックハンドに下回転のサーブを出しておけばツッツキがクロスにきて回り込み3球目を打てて勝てると指導している人が多いです。

ツッツキも大事ですが、バックハンドドライブで先手を取り、4球目で決め切れる練習を早めに取り入れておくとバックハンドが得意な選手になれるかもしれませんね?

自分のやりやすいパターンを見つける

これは忘れないで欲しいです。

コーチや監督が昔こうやって勝っていた!と言われるでしょう。

そのパターンは自分が得意なのか?苦手なのか?出来るのか出来ないのかを自分で考えて相談するようにしましょう。

自信のあるパターン、得意なパターンを作らないと試合で使いにくい心境になります。

沢山パターンを持っておくのは良いことです。

しかし、得意なパターンから作っていった方が早く試合にも取り入れることが出来ます。

試合で勝つために、得意な事、苦手な事、好きなこと、嫌いな事を早めに発見出来るように練習しましょう!