卓球 アップダウンサーブを覚えて同級生に勝てるようになろう!

卓球 アップダウンサーブを覚えて同級生に勝てるようになろう!

アップダウンサーブをご存知でしょうか?

下回転のサーブのフォームなのに上回転だったり、上回転のサーブのフォームなのに下回転のサーブが出せる技術です。

実際には、上回転サーブを出してフォロースルーで相手を騙す形になります。

参考になれば幸いです。

相手のフォア前に上回転の短いアップサーブを出す。

簡単な方法を紹介します。

上回転のサーブを小さくスイングして出します。

トスを上げて落ちてくるボールをちょっと擦り上げる程度の回転で十分です。

すこし擦り上げて、自分のコートにボールが落ちる前に下回転のモーションをします。

上回転のサーブを大きなスイングでしてしまうと、下回転のスイングが出来る時間がなくなってしまうので、上回転サーブは極力小さいスイングでして下さい!

ゆっくりな上回転を出されると、中学2年生の序盤あたりの子は大体ツッツキをしてきます!

こうなれば試合はこっちのものになるので練習しましょう!

相手のフォア前に下回転のサーブを出す。

これは2種類のスイングで下回転のサーブを出します。

普通にボールの下を擦って、下回転サーブ出してますよー!って相手にわかるように出すサーブが1つ目です。

このサーブが無いと、全てアップダウンサーブを使ってると思われてしまいます。

せっかくのフェイクも意味をなさないものになってしまいます。

次に下回転のサーブを出して、自分のコートにボールが落ちる前に手を上にスイングします。

これで、相手は上回転を出されたかもしれない!?という気持ちになります。

すると、中途半端なレシーブをしてくるので回転がキチンとかけれていればネットミスを誘えるサーブになります。

特に難しい技術ではありません。

しかし、キチンと下回転のサーブが出せる事が重要になります。

まだ下回転サーブが上手に入らないよー!という人は下回転サーブの練習から頑張りましょう!