卓球 試合で動ける選手になるための簡単な基本練習1選

卓球 試合で動ける選手になるための簡単な基本練習1選

フットワーク練習はしていますでしょうか?

V字フットワーク、1本1本の切り返しのフットワーク、2本1本の回り込みを入れたフットワーク

色々練習メニューに入っていると思います。

決まったコースに来るフットワーク練習は足を動かす練習になり、試合で動ける準備の練習という形になります。

2/3のランダムフットワーク練習!

このランダムのフットワークを取り入れていきましょう。

なるべくフォアハンドで動いて打ちます。

自分の動けるスピードでゆっくり動きます。

速く送ると大変になってしまい、ラリーが続かない形になるのでゆっくりからはじめましょう。

打つときに足が浮かないように注意して練習します。

足を浮かしてしまうと、次のボールが打てなくなってしまいます。足から動いて身体で打てるように気をつけましょう。

基本練習は完璧でもランダムで来るとバラバラになってしまう人

決まったところで打つ練習をするのは上手に出来るのに、ランダムになったら動けなくなってしまう人もいると思います。

そのような状況になっている人の気をつける点が2つあります。

1.準備が遅い

2.打球した後の立ち位置が悪い

この2点になります。

1.ボールを打って、相手のコートに着く前に次のボールを打てる姿勢を作るようにします。

打てる準備がキチンと出来ていれば、相手の事がよく見えてどこに来るかを確認して動く事が出来るようになります。

打ったボールを目で追わないように注意しましょう!

2.立ち位置はかなり重要です。

どの位置に立つと自分が打てる状況を作れるのか考えます。

回り込みが得意な人は少しフォア寄りに、飛びつきの方が得意な人は少しバック寄りに構えます。

自分がどっちに動くのが得意なのかを理解しましょう。

得意な方がわかれば、立ち位置も直ぐに決まってきます。

試合での立ち位置も修正していくと、攻撃できるチャンスになります。

ランダムのフットワークを練習に取り入れる事で試合に強くなります。

基本のフットワークを1回、ランダムのフットワークを1回とバランス良く練習して強くなりましょう!