卓球 簡単に勝つためにしなければならない3つの手段

卓球 簡単に勝つためにしなければならない3つの手段

簡単に勝つ

これは試合では簡単に勝てるかもしれませんが、勝つために準備する事が沢山あります。

当たり前のことを当たり前に出来れば簡単に勝てるという事を再認識する為に投稿します。

1.相手のことを調べる

情報収集ですね!

どういう選手なのか?どんなサーブを使ってくるのか?何が得意で何が苦手なのか?

これだけ調べれば問題無いでしょう!

回り込みが得意な選手ならフォアハンドが得意だと思います。

回り込みにくいコースに返球したり、あえてフォアハンド側に難しいボールを送ったりします。

サーブが得意な選手は、キチンとレシーブされるだけで焦ります。

なので何回転のサーブか見極めれるようにしましょう!

ビデオとかで見るなら、どのサーブを出す頻度が高いのかを良く観察しておきましょう!

苦手なところを狙って勝つのは当然ですが、あえて得意なところに難しいボールを送って相手の自信を無くさせる必要があります。

苦手そうなところ、得意そうなところを良く見て覚えておきましょう!

2.点が取れるようなサーブを覚える!

デスサーブとか、ジャイロサーブとかいうものでは有りません。

速いサーブ、短いサーブ、曲がるサーブのどれかをキチンとコントロールして出すことを覚えます。

速くて曲がるサーブなんて最高ですよね!

中々難しい事ですが、得点力のあるサーブを覚えていると7-6リードの時に1点取れる事が非常に大事です。

確実に点数を稼ぐ時は、簡単なサーブも必要です。簡単に点数を稼ぐ時は難しいサーブを出した方が良い時もあります。

相手のレシーブ力次第になりますが、サーブ力を上げないと勝てないのは確かです。

練習して得点力のあるサーブを覚えましょう!

相手がわかりにくいサーブが良いのか、速くて取りにくいサーブが良いのか考えどころですね!

3.レシーブをキチンと返す!

プロでも3球目攻撃をミスする人はいます。

ミスする確率を下げる事はできても、確実に全てが入るわけではありません。

相手のサーブが分からない時にも打たれて負けて良いのでキチンと返す事を練習しましょう。

理解出来ないサーブがきたら、とりあえず卓球台を超えない力でツッツキをします。

上回転もツッツキでレシーブしてしまいます。

高い下回転のボールを上手に打てない選手もいますので、レシーブが入るだけでも得点力になります。

自分のサーブで2本得点し、レシーブで1本相手のミスを狙えたら3-1.6-2.9-3という形になります。

2番のサーブ力を上げる事が簡単に勝つ為の秘訣になりますね!

練習は地味で簡単という訳にはいきませんが頑張りましょう!

中学生の部活動だと運動が得意な子、苦手な子、やる気のある子ない子と色々な生徒がいると思います。

ちょっとした工夫で試合に勝てるようになればやる気が上がって卓球が楽しくなってくれるのではないか!?と思いから投稿します。

粒高ラバーを使おう

卓球の鉄則ですね。

変化系のラバーを使いボールを返す事で試合に勝てるようになるというものです!

この投稿は中学生の1.2年生で市内大会でベスト8から16位くらいになれたら嬉しいという内容です。

県大会でベスト8位に入っている方達には参考になりません。

オススメの粒高ラバーはカール!

カールP1がオススメですね。

変化もして、プッシュもしやすいラバーです。カットマンの人も使われるラバーなので上回転を抑える事も可能なラバーです。

変化しやすいので、返球が安定しなくなるのが少し大変なところになります。

下手な人同士で練習するとラリーにもならなくなるので注意して練習するようにしましょう!

カールP4は回転をかけることが出来るので安定はしますが、市内大会で簡単に負けてしまう選手だと扱えないと思います。

自分で変化をつける必要があるラバーなので勝手に変化が付くカールP1が良いですね!

海外のラバーでもっと変化の付くラバーとかも有りますが、扱いにくくなってしまうためはじめは簡単に扱える粒高ラバーを使うようにしましょう!

粒高ラバーの練習メニュー

1.フォア前から回り込みスマッシュ

基本的にはバックハンドに粒高を貼ると思います。

レシーブは長いサーブ以外を全てバックハンドで返す必要があります。

なので、フォア前の下回転サーブをプッシュしてから回り込みで4球目攻撃の練習

一応足はそれなりに動かさないといけません。

異質ラバーをバック側に貼っている場合、異質が苦手な人は必ずフォア前にサーブを出してきます。

なのでフォア前のサーブをバックハンドレシーブする練習を沢山しないといけません。

プッシュで返せれば、大体の選手が合わせて入れてきます。どこに来てもフォアハンドでスマッシュが打てる練習をしましょう。

2.バックハンドブロック

打たれてしまった場合にブロックをしなければいけません。

裏ラバーのようにラケットを伏せてしまうとボールがネットに当たってしまいミスになりやすくなります。

なので、まっすぐ当てて返す練習をします。

前に押すとオーバーミスになってしまいます。当たってから少し下に下げるイメージでブロックをします。

そうすると、短い下回転のボールが相手コートに入りますのでドライブをかけてもらってブロックをする練習になります。

カウンターとかも粒高で出来ますが、難易度が高いためまずはブロックから練習しましょう。

3.決め球を打てるようにする

バックハンド側を粒高にしたなら、攻撃するのはフォアハンドになります。

少し高めの上回転をスマッシュする練習をしましょう。

取りにくいボールが返ってきたら、安全策を取って少し回転をかけてボールを入れてきます。

そのボールをすかさずスマッシュしましょう。

そのスマッシュの確率を上げる練習をします。

粒高ラバーを使えば簡単に勝てる!

これは正解でもあるし不正解でもあります。

ある程度までは勝つことが出来ます。

しかし、ある一定のレベルになると粒高の方に粒高のラバーが取りにくいサーブを出してきます。

もしくは、粒高のボールの方が勢いがなくて取りやすいという人もいます。

簡単に市内大会の一定の所までは勝てますが、県大会で上位16位に入るのは難しいと思います。

女子なら粒高でも勝てるチャンスはたくさんありますが、男子の選手は勝てるチャンスがレベルが上がるに連れてドンドン下がっていきますので注意して下さい。

どうしても試合で勝ちたい人、練習時間が短い人は粒高のラバーを一度使ってみてください。