卓球 ブロックの練習をすれば試合で勝ちやすくなる!

卓球 ブロックの練習をすれば試合で勝ちやすくなる!

ブロックの練習をキチンとしていますでしょうか?

相手の3球目からバック側でブロックをする練習は良くすると思います。

相手の練習で「下回転から3球目をバック側に打つので、そこからバック対全面で!」

このような形でブロックの練習?をしていると思います。

この練習で上手くブロックが出来ないと、練習相手にもなれないのでバックハンドのブロックは上手になっておかないといけませんね!

ブロックのコツ

ブロックをする練習の前に、ブロックを簡単に覚えれるコツを覚えましょう!

それは

「相手のボールよりも速いボールを返さない」

です!

これでゆっくりになってしまいますが、相手の勢いのあるボールと正面衝突しないように意識してゆっくりと返すようにしましょう。

この意識で、少しボールの上を擦る事が出来るようになりましょう!余程の回転がかかっていない限り簡単に返す事が出来るようになります。

ブロックを安定させる為には、体の正面でボールを打つ必要もあります。

バックハンドならおへその前。

フォアハンドは効き膝の上でしょうか?

このような位置でボールを捉えれると安定します。

半面でのブロックがある程度出来るようになったら、ブロックの練習に入ります。

練習メニュー

1.「相手の3球目攻撃からオール対オール」

サーブ、レシーブだけ固定して相手に3球目攻撃を打たれる練習です。

オールに打ってくるので、相手のフォームを見てブロックをする練習になります。

強く打たれるなら少し下がって対応していきます。

この練習では、3球目を何としても返すことを目標にして取り組んでいきましょう。

2.「自分の3球目攻撃をカウンターしてもらってからオール対オール」

この場合、こちらの3球目攻撃はミスをしないボールが前提となります。

難しいレシーブが来た場合に、ループドライブで対応すると思います。そのボールをカウンターしてもらう練習になります。

はじめは難しいので、カウンターのコースを限定してブロックをキチンとする練習でも有りだと思います。

3.「相手のバック半面でのフォアハンドドライブをブロック」

回り込みでドライブしてもらって、フォアハンドブロックの練習ですね!

これはオールでは無いので反応する練習ではなく、フォアハンドブロックをする癖を付ける練習でもあります。

相手の練習で、バッククロス側で半面の練習は良くすると思います。

ここをバックハンドでブロックをするのでは無く、フォアハンドでブロックをするようにします。

これで試合中にフォアハンド側にドライブを打たれても自然にブロックが出来るようになると思います。

なぜブロックの練習をするのか?

皆さんは攻撃の練習は毎日の練習に組み込まれていると思います。

しかし、ブロックの練習ってしていませんよね?

コーチや監督も相手の練習の時がブロックの練習だ!とよく言いますが、これは違います。

相手の練習なので、キチンと返すことを意識しすぎてしまい「得意な方で無意識のうちにブロック」していると思います。

自分の練習なら、伸ばすブロックやカウンター気味のブロック、下回転のブロック

色々試すことも出来てプレーの幅が広がります。

攻撃の技術と防御の技術の両方が揃って勝ちやすい卓球になると思います!

なぜブロックの練習をして試合で勝ちやすくなるのか?

攻撃は最大の防御!!と練習している人はそれで良いと思います。

試合が終わってから、あの攻撃が入っていれば!と思う時があると思います。

しかし、11点が全て自分のミスで負けている訳ではないですよね?

相手の攻撃を防御出来なくて失点して負けているかもしれません。

攻撃のミスも同じ1点で、防御のミスも同じ1点です。

こちらがサーブゲームの時は11回攻撃するチャンスがあるとします。

その時、相手は9回攻撃するチャンスがありますよね?

その9回のうちの半分を防御して失点を防げれば、攻撃ももっと思い切って攻めれるようになります。

自分が3球目攻撃、5球目攻撃をする事が勝つ為の卓球とします。

相手の3球目攻撃、5球目攻撃を防ぐ事が負けない為の卓球とします。

この両方が出来るようになると勝ちやすい卓球が出来るのではないでしょうか?

極端な例えになってしまいましたが、水谷選手や張本選手や丹羽選手はブロックがとても上手です。

あのブンブン丸と言われたクレアンガも試合では上手くブロックして相手のボールを凌いでいる場面が多々あります。

1日に10分の練習でも、効果は大幅に出ると思いますので是非チャレンジしてみて下さい!