卓球 ダブルスの練習をすると卓球の上達のスピードが速くなる3つの理由

卓球 ダブルスの練習をすると卓球の上達のスピードが速くなる3つの理由

ダブルスを練習して上手にプレー出来るようにしましょう!

卓球が上手になる3つの理由!

1.ボールを繋ぐ練習が出来る

ダブルスなので1人で勝てる訳ではありません。2人で1チーム、1人の失点が2人の失点になってしまいます。

簡単にミスが出来ないので、打てないボールは打たない、打つべきボールは打つという練習が出来ます。

相手の打ちにくいコースを狙ってボールを繋ぎ、パートナーの打ちやすいコースに返球が来るようにコントロールする。

お互いにこの事が出来るようになると、ダブルスでも試合で勝てるようになります。

シングルスでも繋ぐボールで相手に打たれて負ける事も少なくなるので一度試してみて下さい!

2.フットワークの練習になる!

卓球のダブルスは交互に打つ形です。

テニスみたいに取れる人がボールを取る訳ではなく、毎回交互に打つ必要があります。

パートナーの邪魔にならないように、打ったらすぐに台の横に避けるか、後ろに下がります。

左利きと組む人はハの字、右利きと組む人は、円を描くように動きます。

右、右のダブルスだと動く範囲がかなり広がるのでラリーになったら大変です!

シングルスみたいに台に着いてボールを待つのではない為、毎回動いてボールを打つ必要があります。

フットワークが苦手な人はダブルスの練習をしてフットワークを身につけましょう!

試合形式なので、楽しくフットワークの練習になります!フットワーク練習が足りないけど、基礎練習で生徒さんがダレてしまった場合にダブルスの試合形式を取り入れていきましょう!

3.戦術理解度が深まる

何処にどんなボールを送れば得点出来るようになるのかを考える事が出来ます。

戦術を理解して3球目攻撃を先回りして先手を取っていったり、相手の3球目攻撃を予測してカウンターを狙ったりする事も必要になってきます。

パートナーの打ちやすいように考えたり、パートナーが何を考えているのかを考えるようになります。

中学生くらいの年代だと、来たボールを打つだけになってしまっている子も良くいますので、考えてプレーをさせれるという点も良い点ですね^_^

パートナーと相談してサーブの種類、レシーブのコース等を決めていくのも良い練習です。

決められたコースにキチンと送れる選手と送れない選手では、実力にかなり差がついてきます。

多球練習でコースを突く練習をしますが、あまり上達しない選手にはダブルスの練習を取り組んでみたりするのは良いと思います。

部活動では沢山の生徒がいると思います。

不公平になったりしないように、ペアを組む事は大変です。

毎回の練習に1試合だけ組み込んで、コーチや監督が有無も言わさないようにペアを決めてしまわないといけません。ペアを組むところでだらだらとしてしまうので注意しましょう。

最後に

相手の事を考える

この相手は、自分のパートナーでもあり、対戦相手にもなります。

ダブルスの場合は3人の事を考えてプレーする練習が出来るようになります。

パートナーには優しく、対戦相手には厳しく

1.2.3の全てが80パーセントくらい出来るようになって、余裕が出来て来る頃に相手の事を考えてプレーが出来るようになっていると思います。

毎日の練習を楽しく上手になりましょう!