卓球 教えてるつもりで教わってる。

卓球 教えてるつもりで教わってる。

コーチとして、監督として生徒に教えたり

先輩として新入部員に教えたり、後輩に教えたりすると思います。

教えるのが練習の無駄と思っている人はいませんか?

教えることによって、自分に得られる事を紹介します。

1.自分にも技術が身につく

誰かに何かを教えるには、自分が知っていなければなりません。

卓球でいうなら、ドライブ主体の攻撃マンがカット主体のカットマンに教えなければならない場合があります。教えるためにカットを自分でやってみたり、カットマンの試合の動画や、練習方法を調べて技術を取り入れると思います。

その取り入れた技術は無駄にはなりません。

自分の攻撃するしかない卓球にカットが加わり、プレースタイルの幅が広がります。

卓球以外の事でも、何かを教えるには自分が知らなければなりません。知って実践して教える事は自分の経験にもなります。

2.説明する為に理解しなければならない

技術を身につけていても、感覚的に覚えているだけでは教える事は出来ません。

頭で理解して考えて、どのようにすると簡単に覚えて貰えるかを自分で考えます。

この考える過程で、「こーすれば良いのか!?」と自分でも簡単に理解する事になります。

感覚的に卓球や、スポーツをしている人は頭で考えてプレーはあまりしていません。

そういう人たちに頭で考えさせる面でも選手に後輩の指導にあたってもらう事で、後輩と先輩の両方に良いことがおこります!

3.自分の再確認が出来る!

自分がフォアラリーを続けれるようになる為に何をしたのか?フォアドライブが打てるようになる為にどんな工夫をしたのか?

こういう事を、誰かに伝える事で自分の技術の再確認ができると思います。

再確認している最中に、もっとこうしたら良くなるんじゃないか?この動作に無駄があるから上手く入らないんじゃないか?と考える事になります。

上手に教えようと頑張る選手程、自分の事を再確認出来て、自分の卓球が上手になります。

確認させたい子や、自分でちょっと考えてもらいたい生徒に、後輩の指導を少し任せるのは良いことかもしれませんね?

毎日指導側にしないように注意!

選手である事には変わりありません。

人の面倒ばかり見ていると、頭は成長出来ても自分の身体能力が低下してしまいます。

練習と指導の両立は難しいので、そこはコーチや監督が上手く立ち回りをするようにしましょう。不公平の無いクラブ活動が好ましいですよね^_^

最後に

いつも無駄な時間だ、やる気出ないなーと思って取り組んでいる事があると思います。

心構え一つで無駄な時間にはなりません。

どうして無駄だと思うのかを考える事が良いと思います。無駄を無駄にしない為に、毎日ちょっとの工夫と努力で成長出来るようにしましょう!