卓球 バックハンドに頼らない!

卓球 バックハンドに頼らない!

近代卓球で、バックハンドの技術が上がってきました。

バックハンドドライブやチキータが出来ないと勝ちにくい場合もあります。

バックハンドの練習をしっかりしていても、色々な変化を付けたドライブ攻撃や、スピードのあるスマッシュを打つ事はフォアハンドの方が向いています!

フォアハンドで変化を付けて勝つために参考になればと思い投稿します^_^

1.回り込みドライブの練習

これは基本的な練習です。

相手のバック前に下回転のサーブを出して回り込みドライブをします。

回り込んだで足が止まった時には、バックスイングが終わっている状態にします。ボールが来たら引いた反動でスイングに入ります。

足を止めてラケットを引くとどうしても振り遅れてしまう場合があります。

回り込みをするという事はフォアハンドで攻撃をするという事です。

回り込んだ時点でフォアハンドがすぐに打てる準備をするようにしましょう!

2.回り込みシュートドライブの練習

クロス側に逃げるボールの練習です。

台を広く使えるようになるのと、逃げていくボールをブロックで合わせてきたら基本的にはクロスに返ってきます。

返ってくるコースが限定出来れば5球目攻撃にも繋がり点数を取るチャンスが増えますので覚えましょう!

シュートドライブのコツは少し振り遅れ気味のスイングをします。

体で腕を引っ張って打つイメージですね!

体はストレートに向いているのにラケットは開いて打つのでノータッチになる確率も上がります。

下回転を打つ時は、手を開いた方が簡単に打てます。

下回転のボールをドライブするのが苦手な人もシュートドライブの練習をしてみてください!

3.回り込みストレートにスマッシュ

下回転のボールをツッツキ打ちの技術を使いストレートにスマッシュします。

ツッツキ打ちとは角度打ちの事です。

ストレートに打つ意味はノータッチエースになりやすい事と、しっかり回り込む必要が無いという事です。

回り込みが遅れた時にクロスを無理して狙いにいくとオーバーミスになったり、打点が落ちてしまってループドライブしか打てない状態になります。

こういう時にスイングの小さいスマッシュを覚えておくと試合で有利になります!

コツは小さくコンパクトに速くスイングする事ですね!

ゆっくりスイングしてしまうと、回転に負けてしまうので注意しましょう!

4.コースの打ち分けをする。

クロスにシュートドライブ、ストレートにスマッシュが打てるようになれば回り込みの技術はかなり上達していると言えます。

バックハンドで勝てない相手が来た場合、もしくはバックハンドが苦手であまり使いたくない場合にフォアハンドが強いだけで試合が勝てる場合があります。

バックハンドが苦手な人はフォアハンドに賭けてみてもいいかもしれませんね!

僕はバックハンドを試合中に全然使えません。

練習ならチキータとかやってみたり、バックハンドドライブとか使ってみたりするんです。

自信が無くて試合では使えないですね、、、

練習頑張ります!