卓球 ダブルスで勝つ為に必要な3つの技術+α

卓球 ダブルスで勝つ為に必要な3つの技術+α

ダブルスが苦手な方、ダブルスで勝ちたい方に勝つ為に覚えないといけない技術の紹介です。

チキータとか、覚えたい技術は沢山あります。

ダブルスの性質をよく考えていくと、何が出来れば勝ちやすいイメージがつくと思います!

まずダブルスってどんな競技?と考えてみてください^_^

頭で整理するだけでもかなり進歩すると思います!

1.レシーブ「ストップ」

この技術が一番大事です。

打たれないという形を作り、こちらからの攻めのチャンスを作る技術になります!

めちゃくちゃ短い必要はありませんが、相手コートで3バウンドはするくらいの短さは欲しいです。

短く狙いすぎると、コートに着いてからネットよりも高くなってしまうためフリックやチキータで威力のあるボールを打たれてしまいます。

打たれても中途半端にしか打てないような長さと高さをコントロールする必要があります!

相手のサーブがこちらのコートについて、ボール2個分跳ねる前にラケットをスッと優しくいれると上手くストップ出来ますので試してみてください!

2.フォアハンドドライブ

ダブルスなので連打する必要もなく、パートナーが打った後のボールを打つ事になります。

どこにボールが来てもフォアハンドで打てるように準備しておきましょう!

安定して入れる事が出来るドライブとスピードのあるドライブを使い分け出来たらチャンスは更に広がります。

相手に打たせたらマズイ!と思わせることによって、レシーブミスや攻撃のミスに繋がります。

安定して打てるフォアハンドがあるだけでも強みになるのでフットワーク練習を沢山して積極的に攻撃が出来るようにしてみましょう!

3.ブロック

相手に打たれてしまった時に次に打たれにくいように返す技術が必要です。

パートナーが打つ準備が出来ていないのに速いカウンターをしてしまうと、ボールが返ってくるだけでノータッチになる可能性があります。

攻めないし攻められないようにする為にブロックの技術は大事です。

ボールを当てるだけでは、棒球になってしまい打たれやすいです。

ラケットで打つ時に少し上を擦るようにすると伸びたり、沈んだりする時があります。

簡単に打たせないように変化をつけるようにしましょう!

4.レベルによってはツッツキ!

相手の攻撃があまり入ってこない、むしろ攻撃してこない、というパターンもあると思います。

中学生の女子で、市内大会レベルだとツッツキ合戦になる場合があります。

高くなってもいいので、ツッツキで相手のコートに入れる事が重要になると思います。

こちらが攻撃して入ればドンドン打っていけば良いと思います。しかし、市内大会で勝った負けたをしている選手はドンドンミスが目立ってきて気がついたら負けてた!という事もあると思います。

パートナーにボールを繋ぐ意識で、ツッツキが高くなっても、あまり回転をかけれなくても相手のコートにコントロールして返せるようにしましょう!

大事な試合の時ほど、ツッツキだけで勝てる場合もあります。

もちろん大会のレベルによってツッツキだけでは勝てないので気をつけましょう!

卓球のダブルスは如何なる時でも交互に打たないといけません!

連続して打つ事が苦手な選手でも勝てる可能性があります!

3球目、5球目だけが取り柄の選手でも勝てる可能性が秘められています!

チキータみたいな点数を取りに行くレシーブより、相手に打たせないストップの方が意外と効果的です。

高校生、中学生の団体戦ではダブルスで勝てた方が勝てる場合が多くあります。

少しでも参考になれば嬉しいです^_^

僕はストップするのが苦手なので、もう少し練習が必要です。

中途半端にフリックをして、カウンターされて相手に迷惑をかけています!!