卓球 フォア異質の可能性!

卓球 フォア異質の可能性!

異質ラバーを使って日本男子では上位に食い込んでいる人はいません。

しかし、卓球を楽しんでプレーしている人や練習を沢山しても中々試合で勝てない人もいます。

そんな時に頼るラバーが異質ラバーになります。

異質ラバーとは身体能力が低くて勝てない人や筋力があまりつかない人、フォアハンドだけ上手だけどバックバンドは練習時間が足りない人が良く使います。

基本的にはフォア裏、バックに異質を貼ります。

しかし、バックバンドの技術が向上してきた今の卓球でフォア側に異質ラバーを貼るのは有りなんじゃないかと思い投稿します。

チキータからの4球目攻撃

あまり動かなくても打てるのがバックバンドの良いところです。

卓球台の2/3はバックバンドで処理する事が出来ます。

なので、レシーブはチキータで回転を付けていきます。

相手が返して来たボールをフォアハンドでスマッシュします。

横回転が混ざっているボールは異質系のラバーで返すと物凄くボールが変化しますので、なるべく横回転を混ぜるようにしましょう!

逆に異質系と当たる場合はなるべく横回転を入れないようにしましょう!

横下回転のサーブから3球目攻撃

下回転のボールを打つ事が得意なラバーです。

横回転が混ざると変化して相手も対応しにくくなります。

プッシュも出来るしスマッシュも出来ます。

サーブからの展開で負けないようになると試合でも勝ちやすくなります!

異質で速いボールを送るよりも、ポコっと打ってゆっくり変化させた方が勝ちやすくなります!

変化させて相手が落としてくれたり、ゆっくり返してくれればバックバンドでカウンターをしていきましょう!

ゆっくりなボールから早くて伸びるボールが来ると相手も取りにくくなり試合が優位に立てます!

3球目と5球目の変化で勝てるようなります。

3球目は打ち抜く事よりも入れる事を意識していきましょう!

バックバンドドライブ

バックバンドドライブは必須です。

毎日の練習に1回は絶対に入れていきましょう。

異質系を使う場合、異質側が苦手な人は逆のラバーを狙って来ます。

その時にバックバンドが上手に出来ないと回り込みをしないといけません。

回り込むと隙が生まれるので、なるべくバックハンドで処理が出来るようにしましょう!

普段は2/3をバック側で処理をして、フォアハンドで相手を崩しにいければ最高のパターンになると思います!

フォア異質は中々いない!

強いチームには異質があまりいません。

相手が異質を嫌ってくれればチャンスです!

中々勝てない人にもチャンスがあります!

チャンスが出てくるので、試してみたい人は一度試してみましょう^_^