卓球 フリーハンドを使ってフォアハンドを安定させる2つのコツ!

卓球 フリーハンドを使ってフォアハンドを安定させる2つのコツ!

フリーハンド、使ってますか?

卓球ではラケットを持たない方の手をフリーハンドといいます。

あまり意識した事も無い人もいれば、いつも意識している人もいます。

フリーハンドで身体のバランスを取るように言われる事もありますが、そのフリーハンドを使って下回転のボールを簡単にドライブするコツを紹介します。

1.フリーハンドを左膝にタッチしてからドライブする

左利きの場合は逆の右膝になります。

下回転が上手に打てない人の3パターンがあります。

1.後ろから前に押してしまいネットミス

2.ボールを下から上に弾いてしまいオーバーミス

3.ボールが遠い位置なのにスイングしてしまい、ネットミス

この3パターンだと思います。

簡単に覚えるなら、打ちやすい位置に引きつけて腰を軸にして身体の回転で打つ事が一番簡単だと思います。

まずは多球練習で感覚を掴むのが早く覚えれると思います!

下回転のボールをフォアハンドに送ってもらい、台にボールが着く前にフリーハンドを左膝にタッチしてからスイングします。

これによって左肩が中に入り、腰を引いて力を溜める事が出来ます。

このタッチした時の反動でフォアハンドドライブの練習をします。

10球連続で入るようになったら、1球練習に切り替えて練習しましょう。

サーブから3球目ドライブの練習です。

これで簡単に打てるようになったら、身体の使い方はほぼ覚えれていると思います。

ラケットの軌道は右腰から左耳までしっかりとスイングしましょう!

2.両手を開いて顔の前で交差させる

上回転に対してのコツです。

下回転みたいに手を左膝にタッチする余裕も無いですし、下から上にスイングするとオーバーミスにもなりやすいです。

少し右腰で力を溜めて、腰の位置から顔の正面で両手をクロスさせるイメージでスイングします。

上回転を簡単に打ち返す事が出来るのと、身体の軸がぶれにくいスイングを覚える事が出来ます。

フリーハンドを上手に使おう!

フリーハンドがダラーンとしている人がたまにいます。

身体のバランスを取る為に使いますのでフリーハンドにも少し意識を向けましょう。

しかし、フリーハンドに力を入れてしまうとラケットハンド側にも力が入ってしまいます。

意識をするといっても、力を入れすぎないように注意しましょう!

フォアハンドで悩んでる人がいたら、是非参考にしてみてください!