卓球 下回転を絶対にミスしない2つの方法

卓球 下回転を絶対にミスしない2つの方法

3球目攻撃といえば下回転のボールをドライブするイメージでしょうか?

卓球で試合に勝つためには、サーブ、レシーブ、3球目をしっかり練習する必要があります。

この3つさえ出来ていればある程度は勝てるとも言えます。

今日は下回転のボールを3球目攻撃で簡単にドライブする方法を投稿します。

1.手を開いて回転をかける

手を開いた状態でボールを打つと、ボールは上に上がります。

手を巻いた状態でボールを打つと、ボールは下に下がります。

手を開いて、ドライブを打てば簡単にネットを越すボールを打つ事が出来るようになります。

パチーンと弾いてしまったり、そのまま前に押してしまったりすると、オーバーミスの原因になります。

フォロースルーは短めにして次のボールを打つ準備をします。

手を開いてる状態でクロスに打つ事が難しい人はストレートに打つ事から練習します。

慣れてきたら、当たる瞬間だけ手を開いて、打球中に巻いていきます。

そうすると、ボールは当たった瞬間に持ち上がり手を巻く事によって低い弾道で飛んでいきますので試してみて下さい^_^

2.ボールの下に利き足を入れる

これは二度目の投稿になるかもしれません。

ボールの下に足が入ればそこから持ち上げる感覚でボールを打ちます。

どちらかというと、ループドライブとかを打つ事が得意な選手がこの形を好んでいると思います。

威力も大事ですが、安定的に入れる事も大事です。

ボールの軌道に足を運んで、引きつけて回転をかけます。

慌てて手を出してしまったり、お尻を突き出した状態になってしまうとネットミスになってしまいます。

この打法の場合は、腰と太もも付近に力を入れて重たい物を持ち上げるイメージでドライブをかけます。

高くなってしまう可能性はありますが、安定して入れる事が出来ます。

2つは混ぜて使わない

これは、両方を混ぜてしまうと良いところが無くなってしまいます。

手を開いて打つタイプは前陣速攻型の選手に向いています。

足を運ぶタイプの人は、中陣でラリーをする選手に向いています。

どっちも覚える必要はありますが、まずはどちからひとつを完璧に出来るようにしてみましょう!

卓球おじさんは、前陣型なので手を開いて打ってしまうタイプです!

しかし、足をある程度までは運ばないと打点がずれて入らなくなってしまうので注意しましょう!

これが出来れば簡単に打てるようになり、練習でのミスはほぼ無くなると思います!

試してみて下さい^_^