卓球 どんなサーブが来てもツッツキでレシーブする2つのコツと練習方法

卓球 どんなサーブが来てもツッツキでレシーブする2つのコツと練習方法

サーブって色々な種類がありますよね!

回転の種類もそうですが、サーブの出し方やトスの高さ、スピードでも色々変わってきます。

打ちにいこうとすると難しいので、まずはツッツキでキチンと相手のコートに返せるように練習しましょう!

3球目を打たれるのが怖くても、もしかしたら相手が3球目攻撃をミスする確率が1/2くらいの場合、ツッツキでレシーブをキチンと入れて、サーブからの展開で得点を重ねれば勝つ事が出来ます。

ツッツキレシーブを安定して入れる方法を投稿します。

1.打点は速く

打点を遅くすると回転の影響を受けやすくなります。

なるべく速い打点でチョンとボールの下を擦るような形で入ります。

この時に、ゆっくり入ってしまうと回転の影響を受けやすくなります。

少しはやめにのスイングでツンと突くようにツッツキしましょう!

2.前に飛ばさない

回転をかけてボールを飛ばすようにしましょう。

ツッツキの時にボールを押してしまうと、不安定になりミスが目立ちます。

卓球は遠くに飛ばす競技ではありません。

ネットを超えるくらいのところを目安にレシーブをしていきます。

短くて高いレシーブはかなり打たれやすく危険です。

しかし、レシーブを入れないと卓球が始まらないのでミスをしてしまうくらいならきちんとレシーブを入れる選択を取っていきましょう。

深くて速いツッツキは効果的ですが、回転がかかっていても、ゆっくりで中途半端なツッツキは相手が打ちやすいボールになります。

ボールが2バウンドするかな?どうかな?というように迷わせるツッツキの長さになったりもして1点が取れる事もあります。

何が起こるかわからないので、ツッツキを練習しましょう!

3.上回転のロングサーブでもツッツキでレシーブ出来るようにする!

これは簡単な方を選択して下さい。

普通にレシーブが出来る人はあまり気にしない方が良いと思います。

しかし、上回転のボールをレシーブミスする人は多くいます。

上回転のボールを回転してる正面を触らないようにしてレシーブします。

ちょっと横回転を入れるようにツッツキを縦にスイングすると上手く入るようになります。

横上のサーブの場合はサーブをサーブで返すイメージで同じスイングをしてツッツキをします。

上回転に合わせるのではなく、横回転に合わせてツッツキをするため曲がるツッツキになり相手は打ちにくくなります。

ナックルのロングサーブは前に飛ばさないツッツキが出来れば問題なくレシーブが出来ますので練習してみてください^_^

サーブが得意な選手はレシーブが返ってくるだけで調子が狂う

これは初級者の子によくある事です。

相手がレシーブをキチンと入れてくるだけでサーブが効いてないと思ってしまい、サーブに力を入れてしまう癖があります。

レシーブミスを減らす事でサーブが得意な選手に簡単に勝つ事が出来る可能性があります。

そのためにもツッツキの練習をしましょう!

練習メニュー内容

ランダムにサーブを出してもらって、ツッツキをランダムに返してからのオールが一番良い練習だと思います。

簡単なメニューな事と、サーブとレシーブの両方を練習出来るのでおススメです!

しかし、ボールがあまり無い環境で練習すると球拾いばかりになる可能性があります。

ボールがあまり無い環境で練習している人は、ランダムにサーブを出してもらってからツッツキ迄の練習にしましょう!

色々なサーブを受けた方が練習になるので、3分でサーブレシーブを交代して、練習相手を変えて追加の1セット、合計で12分くらいになります。

フットワーク練習をした後などに取り入れるのが良いと思います^_^