卓球 ドライブ技術を安定させる3つのコツ

卓球 ドライブ技術を安定させる3つのコツ

ドライブ回転をかける技術は凄く大事です。

ボールが弧を描いて飛んでいく為、オーバーミスをしにくい軌道になります。

ミスをしないという事は試合に勝ちやすくなるという事です。

頑張ってフォアハンド、バックハンドでドライブをかける技術を習得しましょう!

回転をかけるコツの投稿になります。

1.ボールを引きつけて打つ

回転をかける為には引きつけた位置での打球が必要になります。

体から遠い位置や、肘が伸びている位置で打球してしまうと回転がかけにくくなってしまいます。

体近くに引きつけて、腰の回転と前腕のスイングでボールを打つようにしましょう!

ボールは丸いので、どこを打っても良いんです。

上の方を打ちすぎるとネットミスになりそうで怖いのですが、上回転のボールは、ボールの上側の方をラケットを被せて打球していきます。

ボールを引きつけて、フォアハンドなら体の正面より少し左側(右利きの場合)で打球するようにします。

バックハンドは腕が伸びすぎないように注意して、引きつけてボールを打ちます。

上回転のボールはラケットを被せた状態でスイングしていきます。

体の正面でボールを捉えて、少し右側にスイングしていくとオーバーミスをしにくくなります。

前にスイングするのではなく、少し横になるようにスイングしてみましょう!

2.中途半端なスイングをしない

自信が無いと中途半端なスイングをしたり、当てるだけになってしまいます。

速い展開なら小さくコンパクトに振り切り、大きな展開ならラケットが左耳くらいまで振り切ってしまいましょう!

中途半端にスイングを止めてしまうと、ボールがラバーに食い込まずに飛んで行ってしまいます。

オーバーミスの原因になってしまいますので、きちんとボールはラバーに食い込ませて打つように心掛けましょう。

硬めのラバーを使う選手は、インパクトの力も大事になってきます。

ボールを撫でるだけでは回転は上手くかかりません。

ラバーに食い込んでからボールが飛ぶ事で回転はかかるので、スイングスピードが遅かったり、握力が低めの方は柔らかめのラバーを使うようにしましょう!

中学1年生から2年生ならヴェガアジアかヴェガヨーロッパを使う事をお勧めします。

相手のボールが少し短くて届かない場合

足が動いたら問題はありません。

来るコースを予測してスイングする準備をしている場合、手を引いてしまってから足を動かす事は不可能に近いです。

足を決めて、腰を捻っている状態で打球の準備をしますので、少しでも手前だとお尻を突き出した状態で打球してしまい、ネットミスになってしまいます。

ボールは自分のコートについてから、床に落ちるまでに打てばいいのです。

飛んで来ないボールは、イメージよりも下にボールが来るという形になると思います。

膝を曲げて、太ももで体を安定させて打つ必要があります。

ちょっとした前後の揺さぶりや、異質系のボヨンとしたボールが苦手な選手に良くある事です。

余程の距離の違いがない場合は、膝で高さを調整して引きつけて腰の回転を使って打球するようにしましょう!