卓球 中途半端な攻撃をしないように心がけよう!

卓球 中途半端な攻撃をしないように心がけよう!

フリックやチキータ、3球目攻撃と攻撃する展開がいくつもあります。

点数を取る為に無理して攻めていませんか?

無理して攻めるという事は中途半端に攻めている可能性があります。

3球目迄のパターンをよく練って主導権が握れるようしましょう!

レシーブは打つなら思い切って打たないと、カウンターで打ち抜かれてしまいます。

レシーブ強打をする方法と、3球目攻撃のパターン練習の方法です。

1.レシーブの狙い所と立ち位置

一番リスクの無い所がロングサーブを打つことです。

相手の中途半端な長さの下回転のサーブを狙い打っていったり、ナックルのロングサーブを積極的に狙っていきましょう!

ショートサーブが来たらストップでレシーブ出来て、ロングサーブを打てる位置に構えるのが理想です。

フォア主戦型は、クロスの対角線の位置です。

両ハンド攻撃マンはチキータやバックハンド技術が得意なら少しフォア寄りな位置、バックハンドよりもフォアハンドが得意なら少しバック寄りに構えます。

相手の得意サーブや、サーブを出す癖などを見極めて立ち位置は変更していくと良いですね^_^

ショートサーブだけを待ちにしてしまうと、少し台からはみ出すサーブをミスしがちになってしまいます。

台から出たサーブはチャンス!と思い攻撃していくことで、相手に長いサーブはヤバイ!と意識を植え込みます。

レシーブからの展開の主導権を握りやすくなるので、ミスするかも知れませんが思い切って攻撃していきましょう!

短いサーブに関しては台上の技術が伸びてきている時代です。

意外とストップされる事に慣れていない選手もいます。中途半端なチキータをするくらいならストップをしっかりとして対応していきましょう!

2.サーブから3球目は予測が当たれば攻める、外れればミスしないように入れる

相手のレシーブ技術次第になります。

回り込みで待つのかフォアハンドで待つのか、ツッツキで待つのかストップで待つのか

もしくはチキータをカウンターするのかと対応する所は沢山あります。

全て練習しておく必要があります。

相手の得意なレシーブを見極めて、レシーブを予測して3球目攻撃に移ります。

相手がツッツキしてくれれば打てる!なんて言っていたらツッツキをしてくれない相手にはずっと勝てなくなってしまいます。

練習メニューは

「サーブからフォア前ストップか全面にツッツキからのオール」

これから取り入れていきます。

短いレシーブが取れて、長いレシーブを打てるようにまずは練習します。

この練習に慣れてきたら、レシーブチキータからのカウンターの練習を取り入れてみて下さい。

何処にレシーブが来ても動ける足を作ります。

相手のレシーブがフォアに来るのかバックに来るのかを予測して攻撃をする展開と、予測外に来た時に動いてボールを打って入れる事が出来るようにしましょう!

打つボールはしっかり打ち抜くように打ちます。

入れるボールは、しっかり入れるように打ちます。

中途半端に攻めるのでは無いので、時間が無ければゆっくりなボールを打ち、戻る余裕があるなら少し速めのボールを打つようにしましょう!