卓球 安定したドライブを打つ為の練習方法

卓球 安定したドライブを打つ為の練習方法

卓球は回転のスポーツとも言われています。

ボールに回転をかけるから難しくなって楽しくなっていきます。

卓球で大事な技術の一つのドライブの練習方法です。

1.スイングを振り抜く練習

右腰から左耳まで振り抜く練習からはじめます。

遅いスイングだと回転がかけれない為、なるべく速いスイングを心掛けましょう!

ボールに当たる前から速く振ってしまうと、回転をかける前にボールが飛んでいきます。

ボールの後ろにラケットを持っていって当たる直前あたりでスイングを速くします。

力を入れるタイミングは、当たる直前です。

力を抜くタイミングは当たった直後です!

この当たる瞬間の事をインパクトと卓球用語で使いますので覚えておきましょう!

2.転がっているボールをドライブする練習

ネット側からボールを自分に向けて転がします。

台から落ちる所で、キュッとドライブをかけて相手コートに入れる練習です。

先程の、ボールの後ろにラケットを持っていく事が重要なポイントになります。

前にスイングをすると卓球台にラケットをぶつけてしまうので、上にスイングをします。

ループドライブの練習です。

回転を強くかけるコツが分かればドライブが安定します。

この練習で回転をかけるコツを自分で身につけましょう!

転がっているボールを擦った力で相手コートに飛ばせるように練習しましょう!

3.相手コート手前にドライブを打つ練習

どのコーチも深い所にボールを打つように練習させると思います。

打つボールが安定してきて、狙ったコースに大体打てるようになったら深い所を狙うようにしましょう!

相手のコートの手前に落とす気持ちでドライブを振り抜きます。

自分の打ったボールの頂点は自分のコート内にあるはずです。

その頂点がネットを超えていれば、弧を描いて相手コートに安定して落ちるようになります。

練習方法は、相手のコート深くにタオルを横向きに敷いておく事です。

深い所に落ちないように自分のボールをコントロールする練習をしましょう!

腰を軸に打つとか、基本的なことは大事なのは当たり前ですね!

中々打ったボールが入らないという方はこのように練習してみる事をオススメします!