卓球 試合で全く勝てない人は粒高に近い表ラバーを試してみよう!

卓球 試合で全く勝てない人は粒高に近い表ラバーを試してみよう!

バックハンド側、フォアハンド側のどちらでも良いです。

変化系の表ラバーを貼ることで、いやらしいプレーが無意識に出来るようになります。

練習しても中々勝てない人、練習が足りなくて勝ちにくい人、ボールを変化させることのできる表ラバーを試していきましょう!

1.異質ラバーの利点

自分の力で変化させる事が出来ない人でも簡単にボールの回転を変化させる事が出来る。

回転に鈍感なラバーなので、楽に下回転や横回転のボールを返す事が出来ます。

横回転系のサーブが来たら、軽く押して返すだけで簡単に揺れるボールの返球が出来ます!

2.異質ラバーの欠点

ナックルのボールに弱く、物凄く回転のかかっているボールに弱い。

レシーブ有利になりやすいラバーなんですが、ナックルのロングサーブに対応がしにくいラバーです。

ナックルはナックルで返す場面が多くなり、相手の得点パターンに持ち込まれてしまう場合があります。

回転をかける技術はありますが難しいです。

ドライブが凄くかかってるとボールを抑えれない場合が多くあります。

鈍感なラバーですが、角度が少しでも違うと簡単にオーバーミスに繋がるラバーです。

3.オススメの変化系表ラバー

アタック8 スーパーアイバージョン M粒(アームストロング)

スーパードナックル(ニッタク)

いずれ表ラバーに変えたり、裏ラバーに戻すのであればスポンジの厚みは中以上を選択しましょう。

この2種類が表ラバーで変化が凄くするタイプです。

粒がしっかりしているのと、粒間の隙間が広いのでフォアハンドでもバックハンドでも使用しやすいようになってます!

変化するボールに弱い選手はたくさんいます。

中々勝てない人、簡単に勝ちたい人にオススメです!

問題は、ベスト4以上に入賞するのが男子では難しいというところですね!^_^

粒高の方が変化幅は大きいのですが、一度粒高にしてしまうと他のラバーを扱う技術が落ちてしまいます。

なるべく変化系表くらいに留めておいた方が卓球が楽しくなるんじゃないかな?と思います^_^