卓球 ツッツキ打ちを覚えて試合に勝てるようになろう!

卓球 ツッツキ打ちを覚えて試合に勝てるようになろう!

フォアハンドドライブは練習しますよね?

ツッツキ打ち(角度打ち)は練習していますか?

背の低い選手や、非力な選手にオススメの打ち方です。

力が無いから勝てない!なんて言わないでください。

卓球おじさんも力は無い方ですが試合である程度勝てています。

非力な人でも簡単に覚えれるツッツキ打ちの投稿です。

1.下回転のボールを弾く練習から

ネットミスするように、ボールの正面を小さいスイングで弾くようにします。

この時、肘が伸びている状態にならないようにして下さい。

ミスが良く出るので多球練習で練習をしましょう。

足を動かして打つ癖を付けたいので、バック側に下回転のボールを送り、回り込みで角度打ちを練習しましょう!

パシッと高い音が鳴るようにスイングをするよう意識して下さい。

2.腰の回転で打つ

腕を振って打つと角度を付けたのに台無しになってしまいます。

まず足を動かす、次にボールの近くで腰の回転でボールを打ちます。

腰をグルッと回すと打点が遅くなってしまいます。なるべく速い打点で打ちたいので、腰はほんの少し捻る程度にしましょう。

前腕を速くスイングします。インパクトが非常に重要になります。当たる瞬間までグリップはグラグラな状態を意識しましょう!

3.打点が頂点

ドライブの技術と違い、ボールは山なりに落ちることはありません。

直線的に飛んでいきます。頂点を間違えてしまうとオーバーミスになってしまいます。

ネットよりも高い位置のボールを角度打ちで打つようにしましょう。

少しでも低くなってしまった場合や、打点が遅れてしまったら場合はループドライブを使い緩急を付けて対応するようにしましょう!

ボールの下に利き腕側の太ももがあれば、自然にボールの下にラケットが入ります。

そのまま腰の回転と前腕を使い打球します。

判断力とピッチで勝負

ラリー勝負になる前に勝負を決めたいです。

大きな展開になると、体力や筋力の強い方に軍配が上がります。

なるべく、3球目から7球目あたりでラリーを終われるように練習しましょう!