卓球 大会中のマナー

卓球 大会中のマナー

卓球は相手のいる競技です。

チャンピオンスポーツなので、勝てば良いと思っている方も居ます。

チャンピオンを狙うならチャンピオンらしく試合が出来るように心がける為のマナーです。

地域のチャンピオンはその地域の代表であり、卓球をする同世代の憧れにもなる可能性があります。

マナーを守って、カッコいいチャンピオンを目指しましょう!

1.相手を威嚇するようなガッツポーズをしない

卓球のルール内でもバッドマナーに入ります。

1点取ったら、ヨーシ!と声を出す時もあるでしゃう。その程度なら問題はありません。

何回もヨーシ!と叫び続けたり、相手に向かってガッツポーズをしたりするのはいけません。

岐阜県には1点取るたびにジャンプして叫ぶような人もいます。

これはバッドマナーに入ります。

すごく喜ぶのは試合が終わった時で良いのです。

威嚇したり、相手に不快感を与えないように注意しましょう。

2.ボールを拾って貰ったらお礼を伝える

試合中にボールが転がっていくことは多々ある事と思います。

ボールボーイがいるような試合なら別ですが、相手の監督が拾ってくれた時には、気持ちよくお礼を伝えれるくらいになりましょう。

もしくは、軽く会釈くらいは出来るようにしたいですね。

いくら試合に負けていて不機嫌になっていても、周りから見られています。

周りから、あの態度はダメだよ!と反面教師の例になってしまわないように注意しましょう。

まして、チャンピオンを目指すような人なら周りからいつも見られます。

いつも周りから見られているという緊張感を持って、試合が出来るようになりましょう!

3.大会コールを良く聞いておく

当たり前ですね!

何度もコールをされないように気をつけましょう。

ひどい選手は3回目のコールをされたりします。

席を離れないといけない場合でも、他の人に聞いておいてもらったり、何処に行くか伝えておく事が大事ですね^_^

試合の進行も遅れてしまいますし、相手を待たせてしまっています。

なるべく1回目のコールで試合コートに行くように注意しましょう^_^

セット間の休憩時間、タオルを使える得点はマナーというよりもルールになります。

マナーは必ずしも守らないといけないものではありません。

スポーツマンとして守ってもらいたいものですね^_^