卓球 自分の自信を無くさない1つの心構え

卓球 自分の自信を無くさない1つの心構え

自信が無くなる事ってありますよね?

自信が無いってことは、自分に疑いを持つことだったり、不安になったりと色々な要因が合って自信が無くなってしまうと思います。

卓球で自信が無くなると、スイングが遅くなったり、攻撃までのテンポが悪くなったり、振り切れなくなってしまいます。

自信を無くさない為の心構えを1つ紹介します。

1.相手を褒める

試合中の相手にナイスボールと言うと、挑発してると思われてしまったりします。

頭の中で唱えるようにしましょう。

いつも余裕で勝ってる相手に、ギリギリの勝負をしてしまったり、負けてしまったりすると自分を責めてしまいがちになります。

自分がいけないのではなく、相手が強くなったんだと考えましょう。

相手が強くなって負けたのなら自分が受けるダメージは少なくなります。

試合中なら何が相手の良いプレーなのか考える。

3球目を打たれて負けているなら、相手のサーブが良くて打たれているのか、フットワークが良くて打たれているのか考えましょう。

相手の良いところが試合中の1ゲーム目に分かれば対策が取れると思います。

1-2.自分より強い所を分析する

対戦相手の良さ見つけをする時に、自分より何処がどう上手なのか分析をします。

例えば、自分よりチキータレシーブが上手で自分のサーブの時に得点が出来ない。

なら、チキータレシーブをさせないサーブからの展開を考える。

このように負けていても自信が無くならないように意識を変えていきましょう。

ダメな例は、相手のレシーブが上手で3球目から何もできない!と思い込んでしまうこと

相手のどんなレシーブが上手なのか?ここまで掘らないと対策も打てないし、自分のサーブが悪いと思ってしまい自信が無くなってしまいます。

自分の得意なところも考えますが相手のどの技術が自分より上手で試合で負けているのかをよく考えいければ、負けた理由を分析出来ます。

理由がわかれば自信が無くなる事は無いと思います。

1-3.自分を責めない

自分を責めてしまうと、今まで練習してきた事が無駄だったと思ってしまいます。

無駄な練習はそんなにありません。

自分の練習を信じれるように意識していきましょう!

練習を信じれなくなってしまうと、次のどの試合にも勝てなくなってしまいます。

卓球おじさんは相手を褒める事で自分の自信は無くならないと思いました!

相手が凄く強くなったら、自分も頑張って練習して相手よりも強くなろう!と練習が楽しくなります!

卓球を楽しみましょう^_^