Nittaku スーパードナックル レビュー

Nittaku スーパードナックル レビュー

ニッタクのスーパードナックルを購入したのでレビューします!
2016年に販売開始されたラバーなので新作という訳ではないのですが、粒高にしようか表ラバーにしようか悩んでる人の参考になればと思います。
使用して1日なので再度レビューは投稿致します。

1.表なの粒なの?

変化形表ラバーとして販売されています。
表と粒高の 規格上でいうなら、表の高さギリギリいっぱいの表ラバーです。
スピードの出にくい表ラバーで、回転を変化させにくい粒高ラバーです。

2.ブロックは粒高や表よりもやりやすい

回転の影響をあまり受けないので、半面でのブロックは裏ラバーを使っている人でも簡単に出来ます。
変化が少ないので粒高ラバーよりも扱いやすいというメリットがあります。
表ラバーではボールを掴む感覚が足りないので、少しの変化でミス担っているボールが、スーパードナックルなら問題なく変化に対応出来ました。

3.安定して入るけど得点は取りにくい?

粒高よりも変化しないので、相手がミスをしてくれない
表よりもスピードが出ないので主導権が握りにくい

下回転をプッシュしても変化は粒高よりもしないし、角度打ちをしてもスピードがでないのが難点です。
この2点は練習で補えると思いますので、もう少し使ってからレビューをさせて頂きます。

4.フォアでもバックでも使える

異質系のラバーはバック面で使う場合が多いと思います、
安定してボールを入れる事が出来るラバーなので、試合中にフォアバックを入れ替えたりして相手を惑わす事が可能なラバーです
基本バック側で使用して、左利きのサーブを受ける時にフォア側に入れ替えたりするのも良いと思います。

安定している粒ラバーなので小学生にオススメ!

ちょっとの変化で簡単に勝つ事が出来る年代ですね!
スーパードナックルでツッツキをすると、下回転がナックルで返す事が出来ます。
粒高より安定するので、小学生でも扱うのは簡単なラバーです!
ちょっと試合に勝ちたいけど練習時間が足りない!
相手のサーブをレシーブ出来なくて試合に勝てない!という方にオススメです!

普通の異質を貼るよりも色々な方向にシフトしやすいラバーなので小学生に使わせても、裏裏に戻したりと幅広く出来るのでは無いかな?と思います。