卓球 中途半端に長いサーブの対処方法

卓球 中途半端に長いサーブの対処方法

ロングサーブが苦手な人や、チキータをしようとしてショートサーブ待ちになってしまう人に見てほしい投稿です。
チキータが出来るとプレイの幅が広がり優位に立てる場合があります。
しかし、最近はチキータ対策を練ったサーブが考えられています。
基本は足を動かしてレシーブする事を忘れないようにしましょう!

1.レシーブはフォアハンドメインにする

なぜフォアハンドをメインにしてレシーブをするのか
フォアハンドは振り遅れてしまったり、判断が遅くなって打点が落ちてしまってもボールを入れる余裕が出来るからです。
バックハンドのチキータをしようと構えてしまうと、中途半端に長いサーブに対応ができなくなってしまいます。
基本は、若干長いサーブはチャンスに出来るようにして余裕のあるレシーブが出来る立ち位置を見つけましょう!

2.立ち位置はクロスの対角線上に

回り込みをするのに、左足を1歩外に出せば出来るようにします。
そうするとバック側に中途半端に長いボールは回り込みで打つ事が出来て、フォア前のボールにもフォアハンドのストップで対応できるようになります。
相手のサーブの癖を見つけて、フォア前に来るとわかったら、チキータを使ったりすると効果的になります。

フォアハンドでロングボールに対応出来る所に足の位置を決めます。
少し距離が出来る事によって、バックハンドでレシーブする時も懐を広く出来るのでバックハンドが得意な人は積極的にバックハンドでも攻撃していきましょう!

3.フォア前のサーブが取れない人

少し離れすぎていて取れない
足が間に合わない
フォアハンドのレシーブが苦手という人は

バックハンドの打ちやすい足を作り、フォア寄りのところに構える。
フォア側に来たら手を伸ばすだけでボールが取れる位置
バックロングにサーブが来ても対応出来る位置を探します。
足をあまり動かさずにレシーブが出来るので、4球目のカウンターが狙いやすい展開を作れると思います。

4.レシーブの立ち位置は自分の得意分野で決めよう!

フォアハンドメインとは言いましたが、一般的にフォアハンドの練習が7割以上でバックハンドの練習が3割以下のクラブチームが多いです。
なので、基本的にはフォアハンドで全て打てる位置に構える事が無難に入れるレシーブを打つコツになります。

最近はバックハンドが打てないと勝てないという監督も出てきているので、バックハンドも凄く上手な選手がいます。
そういう選手は3で紹介したバックハンドが打ちやすくてフォアハンドに来ても打てる位置に構えると上手くレシーブが出来ます。

5.ロングサーブをチャンスボールと思える位置が基本

長いサーブが来たら、詰まってしまって上手に打てない人はいつもより若干後ろに構えるようにしましょう!
ほんの少しの違いでも、打ちにくかったボールが打ちやすくなる場合があります。
立ち位置でレシーブがしやすくなるの?と疑問に思うと思いますが、一度試してみて下さい!