卓球 試合で勝つ為に練習メニューを工夫しよう!

卓球 試合で勝つ為に練習メニューを工夫しよう!

中々試合で勝てない人の練習内容や、練習態度を見ていると共通点がある気がします。
勝てない人は勝てない練習をしているから勝てないのかもしれません。
意識を変えて、試合に勝てるようになる練習方法を考えましょう!

1.勝てない人の練習メニュー

フォア打ち、反面でのドライブ練習、3球目攻撃の練習、ドライブ対ドライブの引き合い、フットワーク練習→ゲーム練習の流れです。
悪い練習メニューにも見えませんし、結構練習してるような気がしますよね?
しかし、この練習を毎回のようにやっていると、卓球を上達する練習から、卓球でエクササイズをしているようになってしまいます。
足が動かせて、良い汗を出す練習が出来ればOK
社会人で卓球を楽しむだけなら練習をしているというメニューですが、中学生、高校生でこの練習だけをしても強くなりにくいので注意しましょう。

2.勝つ為の練習メニュー

勝つ為には、何でもない練習でも意識を変えて取り組む必要があります。
練習メニュー
1・下回転のサービスをバック前に出してからの回り込み3球目から飛びつき
2・フォア側にショートサービスを出してからオール
3・バック対バックから、たまにフォアハンドドライブ

1・普通の卓球の練習メニューですが、回り込みで決め切るのか、時間を作るのか、飛びついてから時間を作るのか、良く相手を見て考えて打つ練習です。
回り込んで速いボールを打つと、フォア側に速いボールが返ってきます。
自分が戻り切れるスピードのボールを選択する必要があります。
ノータッチで抜くためのボールと、5球目の飛びつきからラリーになるように打つボールでは種類が違います。
意識する事はボールのスピードとスピンを変えて自分の展開にしやすくなるようにコントロールする事です。

2・フォア前にサーブを出します。
チキータではないレシーブの時に自分のコートのどこにレシーブが来るか考えていますか?
良くみる練習は、下回転をフォア前に出すのでフォア側にツッツキをしてもらってからバック対全面という練習を良く見ます。
フォアハンドドライブがほとんど打てるようになっている選手は、コースの指定をなるべくランダムになるようにしていきましょう。
まず、フォア前に下回転のサーブを出してフォア側にツッツキが来る事の方が少ないです。
フォア前にサーブを出したなら、全面にストップかバック側に速いツッツキでレシーブしてもらってからオールの練習にした方が試合に生きる練習になります!

3・基本練習に取り入れましょう。
バック対バックで100往復くらい簡単に出来る選手は、たまにフォアハンドに送る等のランダム要素を入れていきます。
コーチが相手をするなら、裏ラバーでラリーをしている最中に異質ラバーに突然変える方法とかも良いですね!
突然きたボールでも反応出来るように普段の練習の意識を変える必要があります。

基本は大事です。
しかし、ランダムのボールに反応することも基本の一つです。
反面の練習だけ上手な人、決まった所に打つ練習が上手な人は、練習チャンピオンになってしまいます。

試合で勝つ為にランダム要素の入った基本練習、3球目攻撃の時や5球目攻撃の練習が試合で優位に立てる練習になっているか良く考えて練習するようにしましょう!