卓球 ブロックを覚えて格上の選手にも勝てるようになろう!

卓球 ブロックを覚えて格上の選手にも勝てるようになろう!

ブロックの技術って大事ですね。
カットブロックとかカウンターが上手な選手は大抵ブロックは上手です。
いつもの基本練習からブロックをする時に少しずつ上達していきましょう!

1.ボールの少し横を打つ

ボールの正面をブロックしていませんか?
相手の回転と正直に喧嘩してしまう為、オーバーミスが増えてしまいます。
少し回転の軸をずらす気持ちでブロックします。
得点を取る技術では無く、得点を取られない技術になります。
力を抜いてブロックの練習をしましょう。

2.フォアハンドブロックを練習する

フォアハンドブロックが苦手な人が多い気がします。
相手のフォアクロスでの反面の練習をする時に、大抵バックハンドでブロックをしてしまうからです。
試合ではフォア側に打たれたボールをバックハンドでブロックすることは難しいので、フォアハンドブロックの練習だと思って、フォアクロスでの反面ドライブの練習時にはフォアハンドブロックをするようにしましょう。
この時も同じで、ボールの少し横を擦るように捉えると手も自然と被りますのでオーバーミスは無くなります。
自信を持ってブロックをしましょう!
ボールの横を擦ると書いてありますが、右利きの場合は右側、左利きの場合は左側です。手を開いた状態でブロックするとオーバーミスになるので注意しましょう!

3.体の前でボールを捉える

ブロックは体の後ろでボールを捉えてしまうとオーバーミスになったり、回転に負けて卓球台に入らなくなってしまいます。
なるべく体の前でボールを打てるようにしましょう。
強いボールを打つ訳ではないので、コンパクトなスイングで止めれるようにしましょう。
相手のボールを線で捉えて、どこにボールが通るかを想像してブロックしていきましょう!

4.ブロックってどんな技術なの?

卓球でブロックは4番目に大事な技術だと思っています。
技術の順位をつけるなら

① サーブ
②レシーブ
③ドライブorスマッシュ
④ブロック←ココ!

だと思います。
自分から打つのが苦手な人は③になる場合がありますが、練習する順番もこのようになっています。
ブロックがしっかり出来れば今まで勝てなかった相手に勝てる可能性がで出来ます。
相手のボールをきちんと止める事で、相手は不安になります。
もっと威力のあるボール、スピードの速いボールを打とうとしてミスになったり
際どいコースを狙って、安定感が落ちる場合があります。

自分の手の届く範囲ではノータッチでは負けない。
ラケットにボールがあたったら卓球台に返せるように練習しましょう!