卓球 速いサーブを出す2つのコツ

卓球 速いサーブを出す2つのコツ

卓球でのロングサーブは速いサーブの方が効果的です。
ゆっくりなロングサーブは曲がったりコースをつかないと得点しにくくなります。
また甘いサーブと認識される場合が多く、レシーブから強打を打たれて自分の展開に出来ないパターンが多くなります。
なるべくロングサーブを出すなら速いサーブを心がけるように練習しましょう!

簡単に出来るコツがあるので紹介します。

1.横腹に肘が付くようにスイングする

横腹に肘がつくようにスイングすると、肘が開きません。
余計な力が不要になり、スムーズにスイングが出来ます。
肘が付いてから肘から先(前腕)をスイングします。
肩のスイングでスピードを出し、前腕のスイングでコントロールします。
コースは体の向きで調整する方が簡単ですね!

2.腰でスイングスピードを上げる

腕だけだとスイングに力が入ってしまい、スイングスピード自体が速くなりにくくなります。
上手く連動させればコンパクトなスイングで速いロングサーブを出す事も可能なので練習しましょう。
踏み込むように腰から足に力を入れてスイングしていきます。
ドン!と足がなる人はこのようにサーブを出している人が多いですね。

3.手を開いている方が速いサーブは出しやすい

巻き込みのロングサーブを速く出すのは難しいです。
これは下回転をブチ切りして上回転をちょっとかけるようにして回転の差で勝つサーブです。
ロングサーブに向いているサーブの種類は

1.順横回転系のサーブ
2.下回転に見せたナックルサーブ
3.縦回転のサーブ(下、上)

基本的に使うサーブの方が速いロングサーブを出しやすいと言われています。

酒井選手の裏面でのロングサーブは手が開いているので速いサーブが出しやすいといえます。

スイングのコツは

腰を捻って初速を上げる
肩で更にスイングスピードを上げて、前腕でコントロールする 以上

打点とか、1バウンド目の落とす位置とかもありますが、まずはしっかりスイングをする事を覚えていきましょう!

はじめはオーバーミスするくらいが丁度良いと思います!