卓球 練習の効率を3倍上げる方法

卓球 練習の効率を3倍上げる方法

努力3倍とサインをしてくれる人がいます。
努力一筋とサインをくれる人もいます。
練習の効率を上げて、更に努力も出来れば上達するスピードが加速します!
同級生に中々勝てない人や、試合でいつも同じ所で負けてしまう人、そんな人に読んでもらいたい投稿です。

1.試合展開をイメージする

まず自分のイメージをしましょう。
どうやって戦っているのか、勝った試合はどんな展開で勝てているのか?負けた試合はどんな展開で負けているのか?
試合で勝てた時、技術で勝てたのか展開で勝てたのかを分析する必要があります。
技術的に勝てていれば、そんなに苦労をしないです。展開で勝てた人は自分の得意な展開を知るチャンスになります。

自分がいつもの試合でどうやって勝てているのかをイメージしながら練習するようにしましょう!
負けた試合は、勝った試合と比べて何が出来なかったのかを理解しましょう。
それによって次に勝つ為の練習が出来ます。
1度の敗戦を無駄にしないようにしていきましょう!

2.何の為の練習か考える

サーブから3球目の練習は毎日の練習で取り組んでいると思います。
安定的に8割以上入れる事が出来る人は、レシーブからオールなどの試合形式に近いように練習しましょう!
3球目攻撃の練習は、3球目で勝つ為のボールを打つ練習でもあり、3球目で打てないボールを入れて負けないボールを打つ練習です。
安定的に打つ事が出来ない人は、反面から徐々に広げていくようにしましょう!

攻撃主体の選手は3球目に打って勝てるように意識します。
何も考えずに練習するよりも、体は速く動き、練習も1段階技術的に上がります。
何も考えないで練習するよりも、何の為の練習しているのかを考えて練習するようにしましょう!

3.フットワーク練習は多球練習で

1球練習で続けれる基礎がある人は1球練習で取り組みます。
まだ30往復も厳しい!ちょっと球威を上げると10往復も出来ない
このレベルの選手なら多球練習でボールを出して動いて打つ練習をした方が効率が良くなります。
決められたフットワークの練習は何球と決めて練習するようにしましょう!

動いて・止まって・打つ
この繰り返しの練習なので基礎が出来るまでは多球練習を多く取り入れていきましょう!
ミスをしてボールを拾う時間がもったいないです!

4.練習の効率を3倍UPする方法

上記3点になりますが

・想像力を持って練習する
・何の練習してるか考える
・多球練習を取り入れる

この3点です!
毎日の練習をエクササイズにしないように注意しましょう!

卓球おじさんみたいに、エクササイズが必要な人はエクササイズで良いのですが、試合で勝つ為に練習している人は、意識を変えて練習をするようにしましょう!