卓球 初心者でも早く試合で勝つ方法!

卓球 初心者でも早く試合で勝つ方法!

卓球をはじめて試合に出るようになると勝ちたくなってきますよね。
基礎の練習も大事ですけど、難しい練習も大事です。
中学1年生で早く勝てるようになって同級生に差をつけよう!

1.難しいサーブを覚える

簡単なサーブというのが下回転のサーブです。
はじめて2ヶ月といった所の選手であれば、ツッツキ練習や3球目ドライブの練習の真っ只中だとおもいます。
下回転のサーブはレシーブ出来るけど、横回転系のサーブはレシーブが出来ない人が多くいる時期です。
サーブの練習をして勝てるようになりましょう!
横下回転では、ツッツキでレシーブが出来てしまう為、横上回転のサーブが好ましいです。

2.長さの調整を覚える

またサーブですが、長いサーブと短いサーブを使い分けれるようになりましょう。
短くてゆっくりな上回転のサーブと、長くて速い下回転のサーブを覚えると良いですね!
頭の中に、短くてゆっくりなサーブは下回転!と思い込んでいる人がいるレベル帯です。
上って簡単にわかるように出してはいけません。フェイクモーションも覚える必要があります。

3.クロスに打たない

初めはクロスの練習ばかりをしていると思います。
クロスに返ってくると無意識に思ってしまっている選手が多いです。
なるべくストレートに打てるように練習しましょう!
1ゲームくらいならコースを狙うだけで勝てるチャンスがあります。

4.あくまでも卓球初心者が早く勝てる為の方法です。

中学生でいうと、2年生の前半くらいから、この作戦は通用しなくなります。
相手の対応力(基礎力)が上がってくる為です。
はじめに難しい事を覚えると、はじめのうちは簡単に勝てるようになりますが、少し時間が経つと追いつかれてしまいます。
相手の方が基礎力が上だと、追いつかれてそのまま負けてしまいます。
基礎の練習と応用の練習のバランスを良くして練習するようにしましょう!