卓球 回り込みと飛びつきも覚えないといけない理由

卓球 回り込みと飛びつきも覚えないといけない理由

卓球で回り込みと飛びつきの練習が減ってバックハンドの練習を強化しているクラブチームが多くなっていると思います。
有名な雑誌等で飛び付きは古い等の記事が書かれたりしていると、それを鵜呑みにしてあまり回り込みを練習しないようになっていると思います。
しかし、本当に強い選手は回り込みもしっかりしています!という投稿です。

1.回り込みから覚える

飛び付きを覚える前に回り込みを覚えなければなりません。
卓球台の中に入る回り込みが出来ると良いのですが、そこまで入り込んでしまうと、次のボールに遅れてしまいます。
卓球台のエンドラインに平行になるくらいまでで、横に回り込むようにしましょう!
短いボールは肩よりも高いボールでなければ、バックハンドで打つ練習をした方が良いですね!

2.飛び付きを覚える

3球目回り込みから飛び付きの練習はセットです。
下回転サーブから3球目ドライブを回り込みで打ち、フォア側に返してもらったボールを飛びつきで返球します。
回り込みで速いボールを送ってしまうと、5球目のボールに届かなくなってしまいます。
飛びつきまでキチンと練習がしたいので、回り込みのボールは少しループドライブに近いボールでゆっくり送るようにしましょう。

3.回り込みを覚える必要ある?

これはバック側に来たボールをフォアハンドで打つだけではありません。
フォアハンド側のボールをバックハンドで打つことも回り込みの1種になります。
チキータ等のバックハンドでのレシーブ技術が高等していますので、バックハンドのレシーブを覚えたい人は多いと思います。
チキータをきちんと使える選手はオールフォアでも打てる足を持っている選手が多いです。
足を動かす練習をする意味でも回り込みは覚えた方が良いフットワークの技術ですね!

4.中央に立っていれば飛びつきしなくても良い?

背が高く、腕も長い選手ならもしかしたら飛びつきは必要がないかもしれません。
しかし、フォアサイド側に逃げるドライブを打たれた場合は飛びつきで取る以外の方法が無い時もあります。
フットワークの練習が嫌という選手はたくさんいます。
足を正確な位置に動かす事が出来ないと、勝てる試合も勝てなくなってしまいます。
地味ですが、回り込みや飛びつきまで出来るようにフットワークの練習を励みましょう!

5.水谷選手や丹羽選手は回り込みが速い

左利きの選手なので回り込んで打つ事を小学、中学の時に教えられたんだと思います。
回り込みでドライブしてカウンターで負けてる場合もありますが、それは全日本や世界での話しです。
地区大会、県大会のレベルでは回り込みで打って、確実にカウンターを決めてくる選手など多くはいません。
足を動かして打つ練習をする事で、打ちやすい位置を覚える練習にもなります。
フットワーク練習を自発的に出来るようになると良いですね!