♯卓球 前後フットワークをマスターする2つの練習方法

♯卓球 前後フットワークをマスターする2つの練習方法

卓球は左右に動く競技だと思われていると思います。
左右にも動きますが前後にも早く動く必要のある競技です。
早く前後フットワークをマスター出来る練習方法の紹介です。

1.ワンコースでドライブとスマッシュの練習

中陣からドライブ、前陣でスマッシュの練習です。
初めから強打で打つとミスが多くなってしまうので、5割程度の力で打つ練習とフットワークの練習です。
山なりのボールと直線のボールを打つ練習になります。
どちらも均等に練習出来て良い練習です。
ラリーが10往復も出来ない人は多球練習から始めると早いですね!
球出しもワンコースなので簡単です。

2.ツッツキからドライブの練習

フォア前の短い下回転のボールをツッツキしてから、バックハンドドライブの練習です。
フォア前のボールをしっかり足を運んでツッツキをする。
ドライブを打ちやすい位置で打つ練習です。
中陣まではいきませんが、斜めに動く練習になります。
フォア前のボールを打つ時に足は踵から着地するようにしましょう!
つま先から着地すると、次の動作に遅れてしまったり、前のめりになってしまい上手に打てなくなってしまいます。

3.左右のフットワークは慣れているのに

V字フットワークや切り返しのフットワークは出来るのに前後フットワークが出来ない人は意外と多くいます。
試合で勝つためには前後左右動かないと勝ちにくいです。
男子なら中陣でのドライブの引き合いになる展開が高校生や中学の県大会ベスト8位くらいから増えてきます。
動ける選手か動けない選手なら動けた方が断然良いです!
動くのが苦手な選手も、2歩は動けるように練習しましょう!