卓球 無駄な練習にしない為の意識改革

卓球 無駄な練習にしない為の意識改革

どんなスポーツにも言える事だと思います。
無駄な練習にしているのは自分の意識なのかもしれません。
全日本レベルに参加出来る選手が初心者と練習しないといけないというようなことは例外ですね。
すごくレベルの差がある人と練習をしないといけない時は、その相手の悪い点や良い点を分析しながら、パートナーをどうすれば強く出来るか考えれると良いと思います。

1.常に狙ったコースに打つことが出来る

基本練習が長くて集中出来なくなってしまう人も多いと思います。
長時間基礎練習ばかりだと飽きてしまいますよね。
こういう時の意識を少し変えるだけで無駄な練習時間を減らす事が出来ます!

・フォアクロスの練習でボールの位置をずらさない
殆どの人がフォアクロスからのウォーミングアップから練習をしていると思います。
フォアクロスの練習の時に、たまにミドルにボールを送ってしまうような事はありませんか?
もしくは、反面のランダムに打ってしまっていることはありませんか?
ボール3個分程度のずれまでで抑えれるようにコースを狙うように練習してみて下さい。
フォアハンドの基本練習だけでも意識を変えるだけで、練習の効率がグン!と上がります。

2.フットワーク練習はいつも前日の自分を超える!

V字フットワークをする時でも、昨日は何回連続で出来たのかをカウントしておきます。
その回数を毎回の練習で越せるように意識しましょう!
フットワークの練習は筋力トレーニングと同じです。
低い志で継続しても意味が無くなってしまいます。
回数かスピードを変えて、少しずつ自分が動ける選手になるように練習しましょう!

3.3球目攻撃はミスしないのが当たり前

強いボールを打つとミスになったりしますよね!
しかし3球目攻撃を簡単にミスするような選手が試合で勝てる訳がありません。
連続5回は最低でも入れる安定感は欲しいですね!

・連続5回入るようになったらスピード、スピンを強化していく
入れることが出来るだけでは勝てない相手も多いと思います。
安定的に入れる事が出来たらスピードを上げたり、回転量を上げて入れる事が出来るようにしましょう!

4.まとめ

意識を少し変える事は大変です。
向上心が一番必要なことになってきます。
強くなりたい!試合で勝ちたいと思っているのは当たり前なんですね
普段の練習から試合で勝つように意識を変えていかないと後悔してしまいます。
中学生の3年間はあっという間にきてしまいます。
毎日の練習で無駄のないように練習していきましょう!