卓球 自信が無いと調子が悪くなる2つの理由

卓球 自信が無いと調子が悪くなる2つの理由

自信が無いときって誰でもありますよね。
入らないかも?と思うのではなく入る気がしないと感じてしまうようなときです。
この1つの不安が頭によぎるだけでプレーの質が大きく変わります。
なるべく自信を持つようにプレーしましょう!

1.3球目攻撃が入るイメージが無い!

自信が無い人時にでも入るイメージがあれば試合をするにつれて自信は回復していきます。
イメージも無く3球目を打ちに行くと消極的な3球目になったり、スイングが遅くなってしまい余計に入らなくなってしまいます。
いつもの練習でイメージをするように訓練しましょう!

2.スイングが遅くなる!

自信が無いときは思い切りも無くなってしまいます。
大事に入れようと考えることが悪いことではありませんが、入れるボールでもスイングは速い方が入りやすいです。
スイングが遅くなると、今まで入っていたボールも入らなくなってしまう悪循環に陥ってしまいます。
こういう時は相手に打たせて取る卓球ができると良いのですが、そういうわけにもいかないですよね!
スイングが遅くなってるぞ!と意識して頑張って振るしかありません!

3.対応策

・難しい卓球をしない。
・練習で取り組んでる3球目攻撃のパターンを思い出す。
・調子の悪い日は打って得点を取る事を諦めるのも有り

いつも通りの卓球が出来れば、2回戦、3回戦まで持ち堪えれれば調子は戻ってきます。
いつもの練習のように試合に取り組みましょう!
どうしても不調な時は、相手のミスを誘って勝つように試合運びが出来ると良いですね!