卓球 カットマン対策をしよう!

卓球 カットマン対策をしよう!

カットマンと対戦したことはありますか?
色々なタイプのカットマンがいます。
フォアハンドは攻撃でバックハンドはカットメインの人や、両ハンドでカットをしっかりして、短いツッツキをスマッシュしてくる人
攻撃メインでたまにカットしてくる人
オールラウンダーなタイプのカットマンもいますよね!
対策を練っていないと痛い目に合うかもしれません!
カット打ちの練習もそうですが、試合展開を考えていきましょう!

1.サーブはナックルのロングか上回転のロング

攻撃が上手い選手のフォア側にロングサーブは控えた方が良いですね!
なるべくバックハンド側にロングサーブを出してカットしてもらう展開にしましょう。
ナックルの場合、粒高で回転をかけるのが難しいです。
ナックルか弱下回転でカットが返ってくると思います。
そのボールをドライブではなくスマッシュで打つようにしましょう!
回転をかけると利用されてしまいます。

2.フォア前に短いアップサーブ

ロングサーブを警戒している人には、フォア前のアップサーブが効果的です。
粒高でレシーブしてくる人もいますので注意は必要です。
しかし、バックロングを待ちながらフォア前を対処できる人はそう多くはありません。
フォア前にアップサーブを出し、浮いてきたボールを3球目で決めるようにしましょう!
3球目は相手のバック側の深めに狙うのが効果的ですね!

3.ワンコースに打ち続ける

コースをコロコロ変えると変なカットが返ってくる時が多くあります。
間に合わなくて回転のかかってないカットや、当たりどころが悪くて曲がるカットが意外とミスに繋がってしまうものです。
どこに返ってきても、相手の得意そうなコースか、異質を貼っている方に打ち続ける方が試合では安定したボールが返ってきます。
打ち抜けるタイミングを見極めて、コースを変えていきましょう!

4.カットマン対策のまとめ

・ロングサーブを出してカットしてもらい、3球目でスマッシュを打つ

・ショートサーブはアップ系をフォア前に出す

・相手の得意な方を狙って単調なカットを狙う

カット打ちが出来無い人はフォアハンドを逆足で打ってみる事をお勧めします。
足がボールの下に入るので簡単に持ち上げることが出来ます!