卓球 4球目攻撃を狙って試合に勝つ為の練習方法

卓球 4球目攻撃を狙って試合に勝つ為の練習方法

4球目攻撃の練習はあまり取り組ま無い練習の一つでは無いでしょうか?
卓球おじさんも中学、高校の時に大切さが全くわりませんでした。
自分のサーブの時に得点する、レシーブで得点する。
そのような卓球の練習ばかりをしていて、3球目が少しミスが出る日に簡単に負けてしまうようなことも多々ありました。
今日は4球目攻撃も大事だよ!ということを投稿したいと思います。

1.サーブから3球目攻撃をクロスに多めたまにストレート

基本的にはクロスに打ってくる選手が多いと思います。
クロス待ちをして、たまに来るフォア側のボールをしっかりブロックする練習をします。
クロスに来たボールはブロックよりも少し早いブロックが出来るといいですね!
相手のボールも早いので、フォア打ちやバック打ち程度の力で返してあげるようにしましょう!
自分も力を入れるとラバーで反発してしまいオーバーミスが増えてしまいます。

2.レシーブから4球目攻撃

ショートサービスメインで出してもらいます。
レシーブのコースを少し厳し目にし、3球目の打たれるコースを限定する練習をしていきましょう!
コースが良くても高いレシーブは全面に打たれやすいです。
また、低いレシーブでもコースが甘ければ全面に打たれてしまいます。
レシーブの高さとコースを意識して練習しましょう!
低く厳しいコースにレシーブを返すことが出来れば、速いボールが来る確率がぐっと減ります。
また安全なコースに入れようとするので、コースを限定して4球目が待ちやすくなります。

3.基本的にはバックハンド待ち

バックハンドは体の前で打ちます。
フォアハンドは体の横で打ちます。
フォアハンドで構えてしまうと、バックハンドに移るのが大変難しくなってしまいます。
基本的にバックハンドで構えて待つようにしましょう!
早く切り返しをする必要があるので、バック対バックでたまにフォアに送る練習をして切り返しの練習をするといいですね!

4.4球目攻撃を狙う方法のまとめ

・レシーブを厳しくコースを限定する
・高いレシーブになら無いように注意する
・バックハンドで構えて待てるようにする

意識は釣りをしている感じですね。
ガブッと噛みつきに行く肉食獣は攻撃をガンガンするタイプだとすれば、静かにチャンスを待つのが4球目攻撃を狙う方法です。
相手の中途半端な攻撃は1番のチャンスボールです。
これを4球目攻撃して試合に勝てるように練習しましょう!