卓球 レシーブの練習をしよう!

卓球 レシーブの練習をしよう!

サービスの練習、3球目攻撃の練習、ツッツキの練習、レシーブの練習
1番多く取り入れる練習はサービスと3球目攻撃ですね!
下回転のボールをドライブする練習が多く取り入れられていると思います。
しかし、その練習と同じくらいレシーブの練習も大事だということを頭に入れておきましょう!

1.サービスと同じ回数レシーブをする

卓球の試合はじゃんけんでサービスかレシーブかエンドを選びます。
どれを選んだとしても公平になるようになっております。
サービスを選べば、2回サービスをしたらレシーブを2回するのが卓球競技のルールですね。
この事を考えると、サービスとレシーブは同じくらい重要な立ち位置にいる技術だと思いましょう!

2.相手が打ちにくいレシーブが出来る

3球目攻撃を簡単に打たれるようなレシーブを試合中にずっとしていたら勝てる試合も勝てなくなってしまいます。
1ゲーム目はしょうがないとしても、2ゲーム目からレシーブを工夫する必要が出てきます。
ちょっと短い、ちょっと速い、ちょっと回転をかける
このどれでもいいです。ちょっとというのが丁度良くて凄く回転をかけていると回転量がバレてしまうこともあります。
相手が1ゲーム目と同じように打ってきてミスになるレシーブが好ましいですね!

3.やはり近代卓球にはチキータが必要?

卓球おじさんは昔の卓球をしているのでチキータは苦手です。
40mmのボールになってプラスチックになってレシーブの技術は大きく変わりました。
チキータが出来る選手はレシーブから先手を取り得点を得るチャンスが出来る展開が多くなります。
チキータが上手な選手には中途半端に長いサーブを出されるので注意が必要ですが、長いサーブをしっかり打つ練習をしていれば更に勝ちやすくなります。
サーブから3球目も大事ですが、レシーブの練習もしっかり取り組みましょう!