卓球 伸びるボール簡単に打つ3つの方法

卓球 伸びるボール簡単に打つ3つの方法

2019年6月
伸びるボールって何?
相手の台にバウンドしてから上に弾むボール
相手の台にバウンドしてから加速するボール
この2つの事をいいます。
伸びるボールの打ち方を投稿していきます!

1.インパクトを少し強くする

ドライブ回転をかける時にボールを擦るように打つ事を教わると思います。
薄く音が鳴らないように擦るとボールは伸びにくいです。
ラバーにしっかり食い込ませて打つ事でボールは伸びます!
・スマッシュのインパクトでドライブをかける事が出来ればボールを伸ばす事が出来ます。

2.体重移動が出来る!

体重移動が出来るか出来ないかでボールの伸びは大きく変わります。
右利きの人は右腰、左利きの人は左腰を上手に動かして体重をボールに乗せる必要があります。
腰でボールを押し出すように打てればボールは伸びます。
逆に手打ちになってしまうとボールは伸びません。
足を動かして体を使って打つ事はボールを伸ばすにも大事な事ですね!

3.人差し指を上手く使う

ボールを伸ばすのに指!?という疑問を思って頂けたら嬉しいです。
手首を上に動かすというと、手を曲げてしまったりする人がいるので、指を動かす事をお勧めしています。
インパクト時に人差し指をちょっと上に動かすだけで大きく変わります。
指を動かすよりも手首を動かすと教えた方が覚えの良い子もいますのでどちらでも構いません。
手の先端に近い方を動かす方が簡単に動かせます。
バックハンドでは親指を少し上に動かすだけで変わってきます!
嘘だと思って一度試してみてください!

4.伸びるボールを打つ為のまとめ

・インパクト時に指を上に動かす
・インパクトを少し強くする
・体重移動で打つ

この3つです!
ボールを伸ばす事が出来れば、遅いボールでも相手を詰まらせる事が出来ます。
試合を優位に運ぶ事が出来るので是非覚えて欲しいですね!