卓球 下回転サーブに変化を加えてサービスエースを取る方法

卓球 下回転サーブに変化を加えてサービスエースを取る方法

下回転のサーブの種類を増やしてサービスエースを狙おう!
簡単に明日から実行可能です。
上手く使えば3球目攻撃にも繋がります。
回転に変化を付けれるように練習しましょう!

1.下回転と横下回転を出せるようになる

真下のサーブを出せる人って意外と少ないですよね!
少し手首を曲げてしまったりすると若干の横が入ってしまいます。
ほぼ真下になれば結構ですので気にしなくても良いのですが、横下と真下を使い分けれるようにしましょう!

横下に手を合わせれば、真下はネットミスを誘えます。
真下に手を合わせれば、横下は浮いてチャンスボールを狙えます。
チキータが上手な選手は要注意ですが、高さと長さを調整するとチキータでもミスを誘えますね!

2.下回転の回転量を調整する

これは昔の記事に投稿した気がします。
回転量を調整すると、相手のミスを誘う事が出来ます。
1から10までの幅を作り、1、3、5、7、10と調整出来るようなイメージでサーブを出せると良いですね!
幅を大きくすると良いのですが、回転をかけようとすると肩に力が入ってしまう人がいます。
ボールが高くなると回転量ってそんなに有効に使う事が出来ません。
低く短くサーブを出せるようにしましょう!

3.巻き込みの下回転サーブを覚える

巻き込みの下回転サーブは見た目よりも回転がかかっているイメージがあります。
そんなに回転かけてないでしょ?と手を出すとネットミスを誘えます。
少し長くなっても、相手がドライブミスをしやすいサーブの1つです!
これを覚えると下回転の種類も増えますので練習しましょう!
3球目はフォアハンドでは少し打ちにくい回転かな?と思います。

4.まとめ

下回転のサーブだけでも試合を優位に運ぶ事が出来ます。
色々な種類の下回転サーブを覚えましょう!

1・少し横が入るだけでボールが浮く

2・横回転を入れないと相手がネットミスしやすくなる

3・回転がかかっていても高いサーブはレシーブエースを取られる

力を抜いて、すっとサーブが出せると良いですね!