卓球台の外に出るサービスを効果的に使い試合に勝とう!

卓球台の外に出るサービスを効果的に使い試合に勝とう!

短いサーブの練習を沢山していると思います。
なぜなら、相手に打たれないようにする為です。
本当の事を言うなら短いサーブをしっかり出せる人の方が後々で有利な展開を作ることが出来ます。
しかし、市内大会を勝ち抜けない!あと1本取れると勝ちが見えてくる!
そんな時に卓球台の外に出る厳しいサーブがあると優位に立てます。
練習しておきましょう!

1.相手の足を動かす事ができる

一番いけないのは、相手が動かないでも簡単に打ててしまうサーブです。
しっかり準備されて打たれてしまうと相手の打つコースが限定出来ません。
右対右なら相手のバックサイドに逃げるサーブ、左対右なら相手のフォアサイドに逃げるサーブを練習します。
これで相手をレシーブ時に2歩動かす事が出来ます。
動いて打つ事が苦手な人には効果的なサーブです!

2.レシーブを限定出来る

卓球は予測のスポーツでもあります。
相手のレシーブを限定出来るだけで、試合は優位に運べます。
サイドを切ったサーブを打点を下げさせてレシーブさせれた場合は、基本的にクロスかミドルにしか返球が来ません。
横入れ出来る人はしてくる人もいますが、よっぱど動き出しが早く無いと間に合わない為、1回や2回使っても問題なく点数が取れます!
上手く3球目に繋げれると試合展開が良くなり勝ちやすくなりますね!

3.打たれるけど抜かれない

卓球の試合において打たれる事が負けることにはなりません。
相手のボールが取れない事が負ける事の要因になります。
サーブの長さで打たれる事があってもコースを限定できれば相手のボールを簡単に返す事が出来ます。
打ってくる選手には、上回転と下回転のサーブを混ぜてコースを厳しくするとミスが増える場合があります。
ミスが増えてくると、更にカウンターのチャンスになりますのでサーブの練習は沢山しましょう!

4.まとめ

・サイドを切って逃げていくサーブを覚える
・打たれるコースを限定して3球目攻撃に活かす
・上回転、下回転を混ぜて、相手がレシーブし難くする

このサーブのメリット・デメリット

ある程度のレベルまでサーブで勝ててしまう場合があります。
簡単に勝てるようになると3球目攻撃が下手になってしまいます。
サーブマンにならないように注意しましょう!

一定のレベルを超えると、簡単に抜かれるサーブになる可能性がある。
更に速いサーブ、切れているサーブと練習するのではなく、短くて低いシンプルなサーブも覚えておきましょう!