卓球 シード選手に勝つ!3つの技術を覚えよう!

卓球 シード選手に勝つ!3つの技術を覚えよう!

どのスポーツの競技でもシード選手はいると思います。
シード選手が全日本で上位の選手だったり、地区で優勝していて全く歯が立たない場合は少し厳しいものがあります。
しかし、この3つの技術を覚えれば、勝てる可能性と、負けても良い試合が出来る可能性がありますので練習してみましょう!

1.レシーブミスを減らす練習をする

サーブからの展開は勝てて当然なんです。
レシーブからの展開で負けないように工夫する必要があります。
強いボールが必要だったり、主導権を握れるレシーブ技術が必要な場合もあります。
しかし、確実にレシーブを入れる事は相手にプレッシャーを与える事が出来ます。
打たれても良いので、まずはレシーブを入れる練習をしておきましょう!

ミスしないレシーブの覚え方

・腕で振らない
・当たる瞬間にグリップを握る
・前に押さない

この3つを意識してレシーブをしてみてください。

2.相手のことを見てブロック練習をする

後出しジャンケンで負ける事って難しいですよね?
相手のことをしっかり見てコースを狙う練習をします。
ボールを目で追ってしまいがちですが、相手を視野の中心にすると、ボールは視界に入ります。
このボールをイメージして打つように練習します。
相手の待っていないコースに打つ事が出来れば、ゆっくりなボールでもノータッチで点を取る事ができます。
3球目攻撃、5球目攻撃で相手のいないところに打つ事が出来るようになれば
リスクを下げて1点取る事ができるので、優位に立ち回れるようになります!

3.サーブは低く出す練習をする

回転や長さよりも低さを追求します。
相手に打たれても抜かれないようにしていきましょう!
サーブがネットよりも高いと速いボールで打ち抜かれてしまう場合があります。
打たれたく無いからと回転をかけにいくと力が入りサーブが長くなって悪循環に陥ります。
ゆっくり低く短いサーブを心がけてサーブを練習します!

短くて低いサーブは3球目攻撃が自分も狙いにくくなる為、しっかりコースをついて入れる事を意識しましょう!

4.シード選手に勝つ方法のまとめ

・レシーブミスをしない
・相手の構えて無いコースを狙う
・試合中の簡単なミスを減らす

効率良く勝つ為にはこの方法がベストです。
強いボールを打ち続けて勝ちにいくのは半分博打です。
しっかり自力で勝つ為にミスをしないで相手をミスさせれるようにしましょう!

この考えは異質ラバー的な考えなのでしっくり来ない方はいるかもしれません。

しかし、相手に簡単に勝たせてはいけません。
あわよくば倒してやる!という気持ちを持って試合に入るようにしましょう!