卓球 フォア前サービスからの展開を考える!大会で勝つ為に待ちの意識を持とう!!

卓球 フォア前サービスからの展開を考える!大会で勝つ為に待ちの意識を持とう!!

レシーブってフォアハンドとバックハンドならどちらが苦手ですか??
過半数の方がフォアハンドの方が苦手と言うと思います。
なぜなら
1・レシーブの練習をしていない
2・基本的な練習ではいつもバック側にサーブを出されてからの展開
3・そもそもフォアハンドツッツキが苦手
この3つの理由があります。

フォア前にサーブを出して、試合で勝つために待ちを意識しましょう!

1.初級者は基本的にフォアクロスにレシーブする

とりあえず返しているレベルの所ですね!
フォア前にサーブを出される事に慣れていないと、クロスにとりあえず返してきます。
打たれたくは無いんだけど、レシーブミスが怖くてクロスに返すという所ですね!
これは右利きなら中央に立ってフォアハンドで打つようにします!
左利きならバックハンドで3球目を狙えるようにしましょう!
クロスに返ってくるように横回転を加えてサーブが出来ると更に良いですね!

2.打たれたく無いとバック側を狙ってくるけど、ミドルにしかレシーブ出来ない

フォア前に出したサーブをフォア側にレシーブすると簡単に打たれてしまいます。
打たれたく無いのでバック側を狙おうとしますよね?
ここで横回転を入れたサーブを出す事で、ミドルにレシーブが来やすくなります。
ミドルにレシーブされたボールは積極的にフォアハンドで攻撃したいですね!
このボールを完璧に3球目で決めることによって、試合の展開が大きく変わります。
1発で撃ち抜くくらい集中して3球目攻撃をしましょう!

3.バック前にストップしてくる相手には要注意

バック前にストップされると、ダブルストップで返すか、チキータ、フリックで3球目攻撃を狙います。
フォアロング、ミドル、バック前と3点を狙う事は難しいです。
こういう相手には、少しサーブを長くしたり、上回転を混ぜて対応していきます。
レシーブが上手な相手にはサーブの質も問われるので、フォア前にサーブとバックのロングにもサーブが出せるように練習しておきましょう!

4.フォア前にサーブを出してからのまとめ

・相手のレシーブ力を見極める
・回転をかけて自分の打ちやすいコースに誘導する
・3球目を狙いやすいようにサーブを出したらすぐに戻る

この3つを意識してサーブを出すと効果的だと思います。
横回転を利用してレシーブされたりもしますが、どのレベルかでサーブの選択って変わりますよね?
地区大会の3回戦くらいまでなら、フォア前サーブのレシーブ位置が1か2だと思います!

フォア前サーブからの展開を練習しましょう!