卓球 グリップが長い方が良い?短い方が良い?

卓球 グリップが長い方が良い?短い方が良い?

卓球のラケットには色々な物がありますよね。
シェークハンドで言うなら、張本智和インナーフォースALCが人気のラケットでは無いでしょうか?
このラケットは従来のインナーフォースに比べて、グリップが3センチほど長いんです。
グリップが長い方が良いのか?短い方が良いのか?悩みますよね?
どう違いがあるのか理解して、自分のプレースタイルに有ったラケットを探しましょう!

1.長いグリップの特徴!

グリップが長いとストロークプレーが威力を発揮します。
テニスのラケットが短いと威力が出ませんよね?
遠くにボールを飛ばすのも大変です。
グリップが長いラケットを選択すると

・大きい展開がやりやすい
・ラリーに力が出て勝ちやすくなる

この2つが最大の特徴ですね!

2.短いグリップの特徴!

短いグリップのラケットなんてあるの?と思いますが、色々なラケットで若干の差があるので、比べて見てみると楽しいですよ!
グリップが短いとサーブとレシーブがやりやすくなります。
サーブを出すときに、ラケットを深く握り回転をかけやすくしますよね?
短いグリップの方がサーブやレシーブが優位に立てます。
3球目とかは入るけど、相手のサーブが取れなくて負けてしまう!といった人は、短いグリップのラケットを探してみるのも良いと思います。
少しグリップが切れると良いんですけどね、、、

・サーブ、レシーブがやりやすい
・ブロック等の台に近い展開で強い!

3.ペンホルダーはそこまで関係ない

深く摘むようにラケットを握るのでそこまで関係が無いみたいですね。
シェークハンドは掌にグリップが来るので影響が大きいそうです。

4.卓球で1番大事な事を考える

卓球の大事な技術順を考えましょう!

1,サーブ、1,レシーブ、2,ツッツキ、3,ドライブ、4,・・・・?

色々あるので上げきれませんが、サーブ、レシーブが卓球の中では一番大事な技術なのです。
ここが弱い人がいくらドライブが強くても試合に勝つことが出来ません!

卓球で試合に勝つことを考えるなら、少し短いグリップの方が良さそうですね!
サーブ、レシーブの技術が上がったら、どのラケットでも出来るようになっていると思います。
段々とラケットのレベルも上げてドライブ等でも勝てるようにしていきましょう!

5.おまけ

多治見の卓球おじさんは、グリップの長さでバランスを良くしているのかな?と思っていました。
もちろん、それもあるとは思います。
しかし、ラケットのグリップの長短でやりやすい技術まで変わるとは思っていませんでした!
目から鱗です。