卓球 TSP カールシリーズの選び方

卓球 TSP カールシリーズの選び方

2019年7月
卓球界では色々な種類の粒高ラバー(異質ラバー)が発売されています。
中国のメーカーのラバーは変化量は凄いのですが扱いにくいものが多いです。
初心者や、粒高を1度使ってみたいな!という人はTSPのカールから試してみるのが良いと思います!

1.カールP-1R

変化量の多いカールです。
ザ・粒高ラバーと言っても良いラバーだと思います。
プッシュがやり易く、ブロックはやり難いラバーです。
変化量が多いので、相手をミスさせる卓球をする人が選択するラバーですね!
球離れも少し早めなので、ツッツキをツッツキで返す事は難しいラバーです。

1-オススメタイプ 

レシーブはプッシュ系で相手をミスさせて、変化量で勝つタイプ
カットも下回転で返しやすいですが安定感を得るには慣れが必要です!

2.カールP-2

カールP2は表に近い粒です。
プッシュのスピードは出ないけど安定感が上がります。
変化量もP1程では無いが、変化はあります。
P1よりも少し安定するかな?というラバーです。
阿部選手が使用しているラバーですね!

2-オススメタイプ

相手をミスさせて勝ちたいけど安定感も欲しい!
カットマンよりもブロックマンにオススメです!
勿論カットでも使用出来ますが、遠くに飛ぶラバーでは無いので離れると難しく感じます。
レシーブをプッシュして相手が繋いできたボールを異質でストップするのには最適ですね!

3.カールP3

変化量が乏しい粒高ラバーです!
どうしてこのカールが出来たのか個人的には悩ましい所です。
粒も少し硬めです。
裏ラバーや表ラバーから粒高にしようかな?と悩んでいる人にオススメするラバーになりますが、変化量で相手のミスを誘えるラバーでは無いですね。
しかし、粒が硬めなので攻撃がしやすいですね!

3-オススメタイプ

異質で攻撃タイプの方にオススメです!
ブロックと角度打ちに適してます!
粒が硬く変化は乏しいのですが、カットは安定して入ります。
変化させて勝つカットマンなのか、ラリーで勝つカットマンなのかで好みは分かれます。

4.カールP-4

一番新しいカールですね!
このカールはツッツキを下回転で返せるカールとして販売されました。
粒が柔らかく、回転がかけやすいカールです。
粒が倒れやすいので、ドライブもかけることが出来ます。

4-オススメタイプ

自分で回転の変化をつけたい人にオススメです。
スピードは出ないので、カットマンにオススメですね!
前陣攻撃マンが使っても使えるラバーですが、スピードが出ないのと変化量が少ないので、カットマンにオススメします!

5.カールのまとめ

・自分がどんなタイプなのか考えてから購入しよう!
・異質を使う理由も同時に考えよう!
・あまり練習の出来ない中学生ならカールP1で変化させて相手のミス狙い

粒高や異質を使うという事は、オードソックスに卓球をしたら勝てる筋力を持ってない人や、何かで負けてるから、ラバーの性質で埋めようとしている人だと思います。
使いこなすことが出来れば、強い武器になるので練習して粒高の性能を出し尽くしましょう!