卓球 基礎練習が上手にならないと試合に勝てないぞ!

卓球 基礎練習が上手にならないと試合に勝てないぞ!

7月に入りました。
4月から卓球部に入部したり、スポ少に入団した子が3ヶ月経過した頃と思います。
基礎練習ばかりでつまらなーい!と言ったり、試合で勝てる為の方法を教えてくれ!という子が出て来る頃だと思います。
そういう子には、ある程度のサーブを教えて、基礎の積み重ねの大事さも一緒に教えてあげてください。

1.基礎レベルが高いと応用のレベルも上がる

基礎が土台になります。
家とかの建築物でもそうですが、土台がしっかりしていないと建物って上手に立つ事が出来ませんよね?
基礎レベルを上げれば、上に伸ばしていっても安定して強い選手になります。
難しい技術を教えても、基礎の感覚でこれは出来る!これは出来ない!の判断を自分でできるようになります!
安定して強い選手を目指すのであれば、基礎レベルを上げるように練習していきましょう!

2.基礎レベルってどうやって上げるの?

基本的にはラリーの練習です。
例えば
Lv.1 クロス側を使ってのラリー(フォアクロス等)
Lv.2 ストレート側を使ってのラリー(フォアストレート対バックストレート)
Lv.3 V字フットワークのラリー(相手のバック半面対1本1本のフットワーク)
まずフォアハンドが打てないとラリーにもなりません。
クロス側に安定して打てないのにストレート側に安定して打てる事もありませんね(台の長さが短くなる為)
このように1つずつにレベルをつけていくと自分が上手になったな?というのがわかるようになります。

3.卓球が強くなるために基礎練習を怠らない

卓球の基礎練習ってすごく地味なんですね。
面白かったり楽しいって言う人もたまにはいます。
しかし8割以上の方がめんどくさいとか、もう出来ると思ってしまっていると思います。
出来るから安定して出来る、更に速く出来る、ボールの威力を上げて出来ると言うことを意識して基礎練習してみてください。
基礎に終わりなしという事に気がつけたら強くなれると思います!

4.卓球の1番大事な基礎

何においても大事です。

1.足を動かす
2.手を振る

足が動けば手が出ます。
手が動くと足が出ません。
卓球の一番大事な基礎なのでこれは頭に入れて練習して欲しいです。